幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

幻影草双紙4〜踊り明かそう〜

   

 嬉しいときは踊り明かしましょう。
 嬉しいとき?
 例えば、幻創文庫に採用になったとき。
 踊りましょう。時間を忘れて。夜明けまでも。

 

 コヴェント・ガーデンの青物市場の隅で、イライザは花束を作っていた。
 スミレの花を五本まとめ、白い糸で縛るのである。
 四月のロンドンは、まだ寒い。
 ましてや朝四時では、冬と同じだ。
 手は凍りついて感覚がない。
 それでも、花束を作り続ける。
 花束を作り、それを売らなければ、パンが買えない。
 イライザは、マイアミに行きたいと思った。
 どこにあるのかは、正確には知らない。
 ただ、冬のない暖かい場所だと聞いていたのである。
 ニューヨークの近くらしい。
 いいや、そんな外国でなくてもいい。
 せめて、暖炉のある部屋があれば……。

 昨日は散々であった。
 オペラハウスから出てくる紳士淑女に花束を売ろうとしたのだが、売れたのは一束だけであった。
 退役軍人とおぼしき、立派な紳士が買ってくれただけであった。
 その金も、飲んだくれの父親に取り上げられてしまった。
 昨日の食事は、花売りの仲間がくれた一切れのチーズだけであった。

 暖炉の前でチョコレートを飲みたい……。
 ふと気が付くと、市場の騒音が消えている。
(あれ?)
 顔を上げると、まわりの景色が停止していた。
 野菜カゴを担ぐ者、荷車を引く者、などなどが、途中の姿勢で止まっているのだ。
(えぇ?)
 イライザの前に光が現れ、それが消えると、そこに恰幅のよい女性が立っていた。

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品