幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅 #1

   

雨の日は憂鬱。
昔は雨の日が大好きだったのに――
梅雨入り宣言された翌日、美雨は教室に向かわず、保健室へと行く。
雨が嫌いになった時から続く、習慣がはじまった。

 

 テレビから流れる明日の天気予報から「雨」という言葉を聞くと、憂鬱になる。
 昔は、明日の天気は雨と聞くと、物凄く嬉しかった記憶がはっきりとあるだけに、気分的に滅入りも加わり、憂鬱さは半端じゃない。

「お、来たな、浅川美雨(あさかわみう)。下駄箱から保健室直行だな、その感じだと」

 正式な職業名は養護教諭、簡単に言ってしまえば保健の先生、通称保健医の卯月(うづき)先生は、若くてちょっとイケメンというところから、着任早々女子生徒の人気を集めたのだけれど、なんていうかそっけない態度連発で、半年も経たずその人気は一気に下落した。
 その下落はあたしにとってとても都合がよく、今では所有物のような存在になっている。

「当たり。朝から雨って、どんな嫌がらせなのよ、この天気」

「嫌がらせって……一昨日、梅雨入り宣言していたんじゃなかったか?」

「……だとすると、梅雨明けするまで保健室にお世話になります、卯月先生」

「いやいや、梅雨関係なんだろう、浅川の場合は。雨が降れば保健室に直行、今に始まったことじゃないし、担任からもよろしくと言われているし」

「しょうがないな、て顔をしているよ、先生」

「バレたか? まあいい。気分がいいならこのプリントをやるようにと託された。私は私で仕事があるから、我慢できないくらいの悪さになるまで、声をかけるなよ?」

 眼鏡の奥の瞳が笑っていない。
 表情はいつもとかわらず柔らかいのに、口調も優しいのに、先生はいつだって瞳だけは冷たさを帯びている。
 真面目な話をしているんだと言っているからというだけではなく、この冷たい瞳も人をつけ放しているような雰囲気をだしている理由のひとつ。
 それが嫌で離れていった生徒も多いけど、あたしは無駄に優しさを振りまくより、つき放したような感じの先生がよくて、よく目で背中を追ってしまっている。
 今も、ベッドの上に腰かけてプリントを見ながら、チラッと先生の姿を目が追っている。
 雨の日はいつもより毛先が大きく跳ね上がっている。
 クセ毛が膨張したような感じで、髪にボリュームがある。
 均整のとれた肉体を惜しみなく見せるような私服の上から白衣を羽織り、男らしい手と長い指でペンを取って机に向かう。
 ちょうどあたしの位置から、先生の横顔が見えるの。
 先生の横顔をじっと見ながら、一応手にはシャーペンを持ち、プリントをやっているフリだけをする。
 先生が少し動くと視線を外し、セーラーの襟を直したりスカーフを気にしたりして誤魔化す。
 こういう時間がちょっとだけ嬉しくて、あたしは雨の日もそんなに悪くはないかもしれないって、時々思う。
 雨の日は悪くない、雨の日が好き、雨の日が待ち遠しい――
 記憶が遡って行く。

 

-ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅<全5話> 第1話第2話第3話第4話第5話

コメントを残す

おすすめ作品