幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅 #2

   

用があるからと保健室を出された美雨。
天候の悪化で午後の授業がカットになり、全校生徒に帰宅の命が出た。
だけどモヤモヤを抱えだした美雨は、家に帰らず卯月先生の後を追いかける。

 

 職員が使う出入り口と、生徒が使う出入り口は違い、先生の後を追いかけたくても外履きの靴に履き変えている間に、完全に見失ってしまった。
 先生がどこに住んでいるのかはだいたい知っている――というのも、雑談している時に、なんとなく聞いたら、なんとなく返事が戻って来た程度だけど。
 同じ区内に住んでいると知って、ちょっと親近感沸いて喜んだという記憶が残っている。
 ――ということは、先生も徒歩で学校まで来ていると思う。
 バス停に行くとは考えられないけれど、用があると言っていたからバスを使って別の場所に行くのかもしれない。
 その想像に任せ、あたしの足はバス停へと向かう。
 バス停はほぼ校門近くにあって、そこにはバスを待つ生徒がズラリと並んでいた。
 それぞれが傘をさしているから余計長い列になって、その中から先生を探すのはちょっと難しいかもしれない。
 傘さえなければと思うと、降り続く雨がやっぱり憎らしい。
 諦めるか、それともまた想像に任せこの列に並ぶかで考えていると、背後から声をかけられた。

「浅川さん?」

 名前を呼ばれて振り返ると、クラスの女の子が立っていた。

「登校しているところは見たけれど、教室に来なかったから保健室だと思ってたのだけど、今ここにいるということは状況知っているのよね。大丈夫なの?」

 隣の席の……ええっと――

「睦さん……」

 そう、睦はるかさん。
 悩みなんてないみたいに、常に前向きでクラスのムードメーカー的存在。
 席が隣ということで、いろいろと世話をしてくれているけど、あたしは正直彼女が苦手。

「え? どうしたの?」

 きっとあたしがボーとしているからだと思う、驚きと不安が混ざったような顔になっていく。

「ううん、なんでもない。睦さんはバス通学だったかしら?」

「違うわよ。この区内だから徒歩。浅川さんの姿を見かけたから追いかけただけ。よかったら、一緒に帰らない?」

「一緒に?」

「誘うの、おかしいかな? 席隣でも、あまり話さないしね、私たち」

「そうね。でも今日はちょっと……」

 苦手な彼女と10分程の帰路を歩くのは無理。
 だったらこの列に並んでどこまでも先生を追いかける。

「そう、それは残念ね。バスに乗るということは病院? やっぱり、あまり体調よくないのね。ごめんなさいね、声かけて」

 じゃあ、気を付けて――とありきたりの言葉を残して、彼女はバス停と逆の方向へと歩いて行く。
 そんな彼女の傘は、彼女の明るさを象徴するような鮮やかなオレンジ色。
 あたしの傘は――子供の頃憧れた赤い傘でも、彼女のような鮮やかなオレンジ色でもない。
 無色の透明ビニール傘、安っぽさが滲み出て、今の自分の価値が現れているようで、本当は嫌なんだけど、いざ傘を買うとなると決められず、この安いビニール傘を使う事数年。
 結構頑丈で、なかなか壊れない。
 まるであたしの分身みたいな傘。
 世間的には病弱みたいに思われているけど、実際は健康なんだよね、あたしって。
 弱いのはあたしの心。
 いつまでも成長しない、あたしの心が過去のトラウマを引き摺って気弱にしてしまっている。
 雨と言うものをきっかけに、どんどん弱くなって行く。

 

-ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅<全5話> 第1話第2話第3話第4話第5話

コメントを残す

おすすめ作品