幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅 #3

   

卯月先生への気持ちに気づいた美雨。
だけど先生の横には、ホテルでひと時を過ごした相手の女性が、勝ち誇った態度で、当然のように寄り添っている。
卯月先生は立ち尽くす美雨に冷たい言葉を言い放つが…

 

「おまえ、帰れ」

 自身の気持ちに気づいてしまい立ち尽くしたあたしに、先生の言葉は冷たく突き刺さる。
 保健室での先生の面影は微塵もなくて、生々しく女性を抱いたひとり男が、つきまとう興味のない女に言い放つ、そんな感じ。
 多分ね、先生のこと、特別に感じていなかったらそんな風には思わないんだろうな。
 好意があるから、冷たく感じる。
 自分と同じ好意がないから――
 でもきっと、学校の中では保健医と生徒という関係は続けてくれると思う。
 両方を失いたくないと思ったから、わかったと言って帰るんだよ美雨……と言い聞かせる。
 でもね、無理だった。
 先生の隣にいる女性の言葉と態度が、あたしを頑なにさせていく。

「そうよ。お子様は帰りなさい。ここはね、大人の来るところなのよ」

 女性は先生の言葉に便乗してあたしを罵るような言い方をする。
 もしここで、私の恋人をとらないで……とでも言ったら、あたしはきっと横恋慕する気はないと言えたと思う。
 純粋に思ったわけじゃなくて、先生に面倒くさい女だと思われたくない、ただそれだけなんだけど。
 先生の身体に絡む腕、寄せる顔。
 そのまま見せつけるかのようにキスをするんじゃないかって思った。

「帰るのは、おまえもだ。うぜぇんだよ。ベタベタと」

「え? ちょっ……賢哉?」

「勘違いするな。俺たちの間にあるのは、互いの性欲を満たすという利害の一致だけ。そして、これは口止め料な」

 あたしに向けた言葉よりもはるかに鋭くて冷たい言葉を女性に浴びせながら、数枚の万札を差し出す。

「本気なの、賢哉。そりゃ、性欲とお金目的だったけど、本当にそれだけで股開く女がいると思っているの?」

「いるだろう、俺の目の前に。知らないとでも思っているのか? おまえ、俺の他にもいるだろう……金払いがいい脂ぎったおやじとか、もう勃ちそうにもない老人とか。金があれば誰にでも股開いて耳元で喘ぐ」

「賢哉……くっ……私が女子高生に負けるなんて。覚えてらっしゃい。この恥、倍以上にして返してやるわ」

 憎々しげに言い放ち去っていくけれど、しっかりお金は貰っていた。
 まさかの逆転勝利というやつ?
 ――と思ったけど、先生の顔を見るのが辛くて、あたしはそのまま背を向け立ち去ろうとした。
 でもその行為はすぐ止められる。
 先生の言葉によって。

「おい、勝手にどこ行く気だ? 傘を帰らせてしまったんだ、傘の役目くらいしろよ、浅川」

 え? と自分の耳を疑い立ち止まる。
 振り向いて確認するより早く、先生があたしの傘の中に入ってきた。

「色気のない傘だが、ないよりはいい。ほら、傘貸せ。浅川が持つと俺は中腰で腰痛めそうだ」

 手渡すより先に、あたしから傘を奪い、肩を抱き寄せる。
 それでも安いビニール傘だから片方の肩はどうしても濡れてしまう。
 でもなぜか、あたしの肩は思ったより濡れていなかった。
 先生がその分、請け負っていてくれたから。
 それを知ったのは――

 

-ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅<全5話> 第1話第2話第3話第4話第5話

コメントを残す

おすすめ作品