幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

自称天才数学者の推理記録 記録2 第5話

   

 記録2《チャンスが来たら、死ぬ気でつかめ》

 桜小路先生からの問題です。
 直角二等辺三角形で、サイン、コサイン、タンジェントを求めなさい。

 

 明治桜花大学は、埼玉県の北部にある総合大学である。
 名前のとおり、創立は明治時代、日露戦争から五年後。
 赤谷正九郎伯爵が創立した、日本山桜専門学校が前身である。
 理学を教える学校であった。
 日露戦争で下瀬火薬が大活躍して以来、化学がブームになったのだ。
 その後、経済科、法律科、文学科などが増えた。
 そして、明治桜花大学という名称になった。
 大正の始め、赤谷伯爵の別荘があった埼玉県に移転した。
 別荘の周囲の山林を切り開いて、広いキャンパスを作ったのである。
 この建設には、フランスで成功した青石隆司の寄付が、大きな力となった。
 青石隆司は、赤谷伯爵と深い関係を持つ財界人である。
 こうした古い歴史に支えられ、現在では、百年の歴史を持つ、名門の総合大学として知られている。

 大学のキャンパスには、昔の山林を生かした公園がある。
 その公園の池の中で、男女二人の死体が発見されたのだ。
 被害者の男性は、香川圭三、二十七才。
 経済学部の助教であった。
 女性は、馬場弓子、二十八才。
 図書館に勤務する大学事務員であった。
 二人とも、頭の後ろを、鈍器のようなもので殴られていた。
 男の財布、女のハンドバックから、札がなくなっていた。
「だからといって、強盗殺人とは速断しないさ」
 と榊原警部が説明した。
 強盗に見せかけただけなのかもしれない。
「そもそも、犯行現場が、別な場所のようなんだ」
「強盗なら、わざわざ死体を動かさない」
 と桜小路悟一。
「そう。ともかくも……」
 ともかくも、警察は、彼ら二人の怨恨関係を調べた。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

自称天才数学者の推理記録 記録2《チャンスが来たら、死ぬ気でつかめ》<全11話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話

コメントを残す

おすすめ作品