幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅 #5

   

あんなキスをされた美雨は、そのキスが忘れられずにいた。
年月が過ぎ、かつての同級生の睦と再会する。
彼女から聞かされた真実が美雨を突き動かす。
卯月と再会した美雨は……

 

 それはあたしの隙を突いた、一瞬の出来事だった。
 キスをする時は目を閉じなきゃ……いつ誰がどういう意図でそんな定番を作り上げたのか、あたしもそうしなきゃいけないって思い込んでいた。
 けど先生は目を閉じるどころか、キスをするつもりもなかったみたいで、グラリと身体の重心が前に引っ張られて、閉じた目を開けたあたしは、想定外の展開に思わず拒む声を発してしまう。
 それでも先生はあたしを引っ張り続け、とある部屋へと入るなり放り投げる。

「ちょっと、先生?」

 幸い、勢いが止まらず倒れ込んでしまった先はベッドのようで、身体の痛みはないけれど動揺は加速する。
 ベッドの上に放り投げられ、先生はいつになく険しい表情をしているとなれば、あたし自身の身によくないことが起ころうとしている――ということくらい想像できる。
 その……男と女がベッドの上でする事と言ったら、アレしかないし……
 でもまさかね……校医が生徒を無理やりになんて……
 そりゃ、あたしだって少しはそういう展開を期待していなかったわけじゃないけど、こんな荒々しくあたしの気持ちを完全に無視した展開は望んではいない。

「キス、されると思ったか? 残念だったな。大人の男と女はな、キスから始まるとは限らない。出会った瞬間、雄と雌になることだってある」

「やだ、先生。何を言って……」

「言っている意味がわからないか、浅川。それなのに真っ赤な口紅をして俺に会いに来るとは……やはりお仕置きだな」

「あの、やっ……やめて、先生。あたし、処女だもん。キスもまだの子供だもん」

 先生の体重がベッドにかかり、微かに軋む音が耳に入る。
 冗談だよね……
 ただ怖がらせるだけの、そういうお仕置きよね?
 言い聞かせるあたしと、危険と訴えるあたしがいて、その真ん中で本当のあたしは迷っている。
 嫌われたくないから。
 もし先生に嫌われてしまったら、雨がやまない日が多いこの時期、どうやって過ごせばいいの?
 でも、先生の手が胸元に触れようとした瞬間、あたしははっきり拒む言葉を口にしていた。

「クッ……都合が悪くなると子供だという。子供扱いすれば大人だと言い張る。我儘だとは思わないか?」

「悪かったって思っているから、許して、先生」

「許す? 何に対して?」

「真っ赤な口紅、取るから。もう赤い傘もささないから。ここにも来ないから……」

「待てと言ったのに勝手に帰った件は? 来いと言ったのにすっぽかした件は?」

「……先生の言いつけ、聞くから」

「そうか? ここは学校じゃないんでね。やっぱり、浅川の身体で払ってもらおうか」

「無理よ……」

「なぜ? 処女だから? 俺は構わないが? おまえにとってもいい記念になるんじゃないか? 俺の事が好きなんだろう?」

「それは……ずるいよ、先生」

「ずるいって……そりゃ、浅川に言いたいね。覚えておくといい、男を煽ったツケは高くつくとな」

 煽るって……そんなつもりなんてない。
 あたしはただ、本当にただ、先生の好みに合わせて見たかっただけ。
 真っ赤な口紅は違うの?

 はじめてのキスは――ねっとりとして気持ち悪いものだったという記憶しかない。

 

-ラブストーリー

赤い傘と真っ赤な口紅<全5話> 第1話第2話第3話第4話第5話

コメントを残す

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第34話「それでも――――」

   2017/11/20

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】15

   2017/11/20

ロボット育児日記39

   2017/11/17

忠実な部下たち

   2017/11/17

モモヨ文具店 開店中<36> ~帰り行く者~

   2017/11/16