幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

バレンタインの魔法

   

暑い最中ですが、チョコを食べていると、真冬のバレンタインデーを思い出します。実際、チョコにあれだけの普遍的な価値が宿る日は、二月十四日をおいて、他にはないのではないでしょうか。

チョコ、あるいは、チョコに宿った思いが形となって現れることで、学校はある種の異様な雰囲気に包まれたりもします。しかし、そのチョコに含まれているのは、果たして本当に、愛情や友情といった真心だけなのでしょうか?

今回は、そんなバレンタインデーにのみ真価を発揮する、ちょっと変わっていて、案外怖い「魔法」をテーマにした小話です。

 

 二月十四日。
 冬の盛りだと言うのに、学校は一種異様な熱気に包まれる。
 文化祭よりも体育祭よりも、クラスの連中は、この日を楽しみにしている。
 教室の空気が、明らかにいつもとは違う。
 そわそわと浮かれていて、喋り声のトーンも、上ずっているように聞こえる。
「おおっ! 入ってんじゃんっ」
「マジ!? 物好きな奴もいるもんだな、はははっ」
 教室のあちこちから、男子の歓声が聞こえてくる。
 そう、今日はご存知バレンタインデー。
 人気やら恋愛感情やらが、女子からのチョコレートの質と量で測れてしまう、唯一の日である。
 一体どんな経緯でこんなことになったのやら、俺には知る由もないが、自分の置かれた境遇が、ゲームのキャラでもないのに、好感度を堂々と明示化されるという状況を楽しめるほど充実していないことだけは確かだった。
「まったく、あんたらはお熱いわね。さっさと付き合っちゃえばいいのに。……はい、甘いものよ。言わなくても分かってるでしょうけど、義理だから、きっちりお返しはちょうだいね」
「ふふっ、相変わらずちゃっかりしてるよな。さすがはウチのマネージャーだ」
 空いた席が少なくなる頃になると、気さくな運動部のマネージャーや生徒会の役員たちが、部員たちに義理チョコを配っていく。
 恋愛とはちょっと違うとは言え、やはり親愛の証ということで、貰った男子連中は皆、ニコニコである。
 普段から結構校則が緩いこの学校では、今日に限ってはチョコを持ち込んだぐらいでは叱られることはないため、生徒たちも気兼ねなく受け渡しをしている、というわけだ。
 どこの部に属しているわけではない男子も、大人しい料理好きの女子に、ちょっとした義理チョコを貰ったりして、一応満足したところで、この騒ぎは一区切りとなる。
 後は、昼休みや放課後に食べたり、家で楽しむなり、それぞれのやり方で一日を振り返る多くの生徒と、チョコに忍ばせたラブレターを読んで告白を受ける一部の男子とで、ルートが分かれるぐらいである。
(くそう……)
 基本的に気さくな女子が多く、貰いはぐれる者が少ないのがウチの学校の特徴だが、それでも、一つも手にすることができない男子生徒も存在する。
 例えば、俺のような。
 教室が盛り上がれば盛り上がるほど、気持ちは沈んでいく。
 実際に二次元空間に入ったわけでもあるまいに、どうしてこんなあからさまな扱いを受けなければならないのかと思うと、椅子に座っているのも耐えられなくなってくる。
 これは新手のいじめではないのかと疑いを持ちたくなってしまうほどだ。

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第34話「それでも――――」

   2017/11/20

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】15

   2017/11/20

ロボット育児日記39

   2017/11/17

忠実な部下たち

   2017/11/17

モモヨ文具店 開店中<36> ~帰り行く者~

   2017/11/16