幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

蜜舐め遊戯

   

不貞を繰り返してきた女とそれを嗤う月。

 

 その味を知ってしまったことが既に罪だ。罪は甘い蜜のように魅惑的。愛とは罪を重ねて手繰り寄せるもの。だが、辿り着く先は地獄。
 そう悟ってしまったその時から、女は坂道を転げ堕ちてしまった。想い人に妻子があることも理解していた。だがそれでも、と想ってしまった。

 胸元に眼を向けると紅い痣が残されていた。それは男と求め合った名残。名残にすら縋らなくてはいられない、なんて惨めな女であろうか。

 自分が滑稽に思えてならない。身体に刻まれた名残に縋り、それを愛の証だと思いたい。だがそう信じるにも男には妻子があり、詰め寄るともう少し時間をくれと曖昧に笑う。

 ならば私は一体何なのだろうかと思う。女として求められているといえば聞こえもいいが、それは言葉を変えれば都合のいい、甘い言葉で男に股を開く売女と何等違おうか。
 いや、売女ならば対価を貰うのだからまだいい。椿がもらうのは快楽と吐き出される精だけ。

 短い逢瀬の時間は終わり、女の元に現実が押し寄せてくる。愛しているという言葉で一時の幸せに浸ったとしても、男が消えれば待っているのは寂しさと虚しさだけだった。

 そしてやがてその寂しさと虚しさが募り、また男を求めてしまう。女には分かっていた。あの男はきっと自分を抱きたいだけだということが。愛しているという言葉を耳元で呟きさえすれば股を開く女だ。なんて尻の軽い女だろうか。もしかして彼も自分をそう思っているのかと考えて、論じるまでもない結論に自嘲気味に哂う。

 男の子供はまだ二つで可愛い盛りだ。あの子を捨ててまで自分と添い遂げるとはどうしても思えなかった。

 

-ラブストーリー


コメントを残す

おすすめ作品

BAD=CHILD 5

なりあがる! 8

1%の彼女達 〜fly away〜4

伝えない

Love cannot be compelled 5