幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

鐘が鳴る時 ■誓い-天麻皇女 4

   

七瀬朔也の犯した罪とは?
時代を彷徨うようになった発端が少しずつ明らかに――
そして皇女もまた、無力ながらも決意をする、朔也を助ける為に

 

◆◇◆◇◆

 八角は私にこう言っていた、朔也は罪を犯し、刑罰を言い渡したと。
 刑罰はひとりの意見が通るわけではなく、数人の者たちが決めると教わった。
 となると、八角の意見として朔也への罰を提示しただけだと思う。
 だって、既に下されていたら、朔也が知っているはずだから。
 くだされた刑が言い渡されるのはいつだろう?
 私が戻るまで、どうか言い渡されることがないことを願いながら、私は走る、朔也の元へと。
 やっと牢のある場所に戻り、監視兵の脇をすり抜け朔也のいた牢まで辿り着くと、そこには朔也の他に八角の姿が――

 

-ノンジャンル