幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

歴史・時代

黒い鷹(二)・巖頭孤鷹 第二話

   

「刀、衣裳、人のごとく結構に有べしと思ふべからず」

北条早雲

 

 黒鷹精久郎の一日は、寅三つの刻に始まる。
 瑞竹寺裏手の井戸で、水を浴びる。
 三貫の鉄棒を、五百回振る。
 なんといっても、膂力がなければ、話しにならない。
 その後、居合いを、やはり五百回。
 その次は、一日ごとに、変える。
 槍を刺す日。
 矢を射る日。
 いずれにしても三百回ずつ。
 これで朝の鍛錬が終わる。
 もう一度、井戸で水を浴びる。
 寺の下女が、その横を通り、食事を、念仏堂へ運ぶ。
 食事は、玄米と漬物だけであった。
 食事の後の行動は、二つに分かれる。
 一つは、江戸の町へ出ること。
 武術の名人を捜し歩くのだ。
 もう一つは、読書である。
 万巻の書を読まなければならない。

 正法寺を訪ねた次の日の行動は、別なものになった。
 食事をしているとき、外で、足音がした。
 黒鷹精久郎は、左脇に大刀があることを、確認した。
「失礼します」
 入ってきたのは、芥川行蔵であった。
 同心である。
 ある事件がきっかけとなり、知り合いになったのだ。
 芥川行蔵は、対座して、言った。
「挨拶代わりに、いつもの台詞。尼子秘帳を頂戴出来ませんか?」
「断る」
「御公儀に逆らうことになりますよ」
「それで挨拶はすんだろう。すぐ食事を終わらせるから、待ってくれ」
「いいですよ。死体は待ってくれますから」
 黒鷹精久郎は、漬物の最後の一切れを食べて、白湯を飲んだ。
 箱善を脇に移す。
 芥川行蔵は、感心した声で、言った。
「黒鷹さんのこの生活、御公儀に話したら、泣いて喜びますよ。
 いくら改革令を出しても、みんな、贅沢を止めないんだもん。
 でも、そうすると、御公儀は尼子秘帳の事も知ることになる」
「それで、今日は、何か用があるのか? さきほど、死体、と言っていたが」
「実は、正法寺の月仙和尚が殺されました」
「なんだと」

 

-歴史・時代

黒い鷹(二)・巖頭孤鷹<全6話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話