幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

歴史・時代

黒い鷹(三)・阿吽仁王 第一話

   

 江戸を舞台にしたハードボイルド、パート3です。

 

 徳川将軍は、卯の時に起床して、巳、および午の時に政務をした。
 未の時には、奥儒者による講義を受けるか、もしくは乗馬や剣術の稽古を行った。
 武家政権の最高権力者である征夷大将軍が、乗馬や剣術が出来なくては、話にならないではないか。
 だからといって、征夷大将軍自身が、自ら刀を持って、敵と斬り合うことはない。
 あくまでも、征夷大将軍として、下の者たちに範を示すための武術なのだ。
 まあ確かに、征夷大将軍自身が、自ら刀を持って、敵と斬り合うようになっては、その武家政権はお終いであろう。
 その事例が、戦国時代にある。
 室町幕府、第十三代将軍の足利義輝である。
 足利義輝は、塚原卜伝から免許皆伝を授かるほどの強者であった。
 有名な剣術者に教わる、というだけなら、足利将軍の名を利用すれば、容易いことであろう。
 しかし、正式に免許皆伝を受けるというのは、ただ事ではない。
 また足利義輝は、名刀の収集家としても、有名であった。
 これは、足利将軍の地位を使えば、難しいことではない。
 というよりも、刀の収集くらいにしか、足利将軍の地位は使えなかったのである。
 時代は正に、下克上。
 足利幕府の実際の権力は、管領細川氏を中心とする守護大名たちに握られていたのである。
 その細川氏は、家臣の三好長慶に実権を奪われた。
 その三好長慶の家臣の松永久秀が、足利義輝を襲った。
 世に言う永禄の変である。
 襲われた足利義輝は、収集していた多くの名刀を、鞘を抜き払い、畳に突き刺した。
 そして、襲い来る敵兵を、次々と斬り倒したのである。
 刀が折れれば、未練なく捨て、畳に突き刺した次の刀を使うのであった。
 これほど本当の戦場で剣術の技を実際に使った例は、他にはないであろう。
 しかし、衆寡敵せず。
 とうとう、足利義輝は、殺されてしまったのであった。

 

-歴史・時代

黒い鷹(三)・阿吽仁王<全7話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話

コメントを残す

おすすめ作品