幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

歴史・時代

刹那に焦がれて

   

本能寺の変が起こるきっかけ、なぜ明智光秀は主君である信長に挑んだのか…
光秀の中に潜む闇と光を独自の解釈で綴った短編ストーリー

 

私が寄せた想いはなんだったのだろうか。
あの方の強さ。
あの方の思想。
あの方の存在。
全てに、私は惹かれていたのだと、思う。
こうして、目の前に立つ貴方の姿に、私は引き寄せられる。
それが、刃を向けた方向だとしても……

1569年、私はひとりの男に出会い、運命が変わった。
もとは、敵対と言ってもいい間柄。
しかし、その男は、敵味方変わりなく接している。
それが、感に触らなかったと言えば嘘になる。
気にくわない男――それが、私が男に抱いた第一印象であった。

 

-歴史・時代


コメントを残す

おすすめ作品