幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

幻影草双紙39〜記憶喪失〜

   

 ここは何処? 私は誰?

 

 やあ、気がついたね。
 ここがどこだか分かるかい?
 その通り、ここは病院だ。
 それは分かるんだな、よし。
 病院といっても、怪我で入っているんじゃないから、それは心配しなくていいよ。
 ああ、これは、君の頭に直接話しかけている。
 俗な言葉でいうとテレパシーだ。
 テレパシーは知っているね?
 厳密にいうと違うんだけれども、テレパシーと思ってくれればいい。
 まぁ、似たようなものだから。
 それで、なぜ病院にいるのか分かるかい?
 やはり分からないか。
 それが問題なんだ。
 病院にいる、という現状認識はできる。怪我を心配して、質問にも答えられて、テレパシーなんていう言葉も理解する。
 日常生活レベルの理解・判断はできるんだ。
 だが、それ以外の記憶は喪失している。
 生まれ育った場所、大学生活、仕事、ぜんぶ覚えていないんだね。
 覚えていること、ある?
 ぜんぶ、駄目か、やはり。
 よし、分かった。
 それじゃぁ、ショックを与えて、なんとか記憶を元に戻そう。
 なにしろ、思い出してもらわないと、大変なことになるんだから。
 いやいや、ショック療法といっても、昔みたいに電気で刺激を与えるとか、そういうものじゃない。
 電気なんか流して、頭が壊れたら、元も子もない。
 心理衝撃覚醒をやる。
 記憶そのものをショックに使うんだ。
 こういうと、ややこしいかな。
 つまり、これまでの人生を振り返り、その中でとくに印象に残っていることを思い出し、それをきっかけにして、記憶喪失を直す、という療法さ。
 これから君の過去を話すから、思い出して欲しい。

 

-ノンジャンル

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第34話「それでも――――」

   2017/11/20

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】15

   2017/11/20

ロボット育児日記39

   2017/11/17

忠実な部下たち

   2017/11/17

モモヨ文具店 開店中<36> ~帰り行く者~

   2017/11/16