幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

堕天使の鎮魂歌 6

   

蝶姫を張っていた協力者の舎弟が殺される。
彼女に関わって死体が出来上がるのは、これが初めてではない。
いったい誰が…?
篤志は蝶姫が手を下したのではと疑うのだが、雅孝はそれを真っ向から否定をする。

 

 
【手前】

 季節は、秋から冬に移り変わる。
 俺と蝶姫の関係は相変わらずで、週に1回飲み屋で会って、そのまま俺のマンション、肌を重ね合わせて一晩共に過ごし、昼前後に帰っていく。
 これといって物的な証拠も掴めずに、時間だけが経過していった。
 三上さんがそれをどう判断しているのかは俺にはわからないが、篤志からは焦りが感じられるようになっていた。
 そんな中、事態を緊迫するような事が篤志の元に届く。
 ちょうど、俺が篤志の部屋で今後を検討していた時だった。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド


コメントを残す

おすすめ作品