幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

サクリファイス クロニクル編1

   

 売れない小説家が、バーで出逢った女性から、自分のクロニクルを新聞に載せて欲しいと頼まれる。人探しの為、だという。
 興味本位で了承した彼だが、それは想像を絶する壮大で恐ろしい物語であった。
 サクリファイスと呼ばれる怪物を描いたゴシックファンタジー。

 

 エレベーターもない、古びたアパートの一室に彼女は居た。そこは黴臭く、今時裸電球が一つぶら下がっているだけの部屋だった。家具はなく、不気味にも棺桶に似た箱が無造作に置かれている。
「ゴシックな趣味でもあるのかい?」
 私が冗談交じりに問うと、絵を描きながら彼女は上目遣いで、私に棺桶の上に座るよう指示した。
「ごめんなさいね。人なんて滅多に来ないから、椅子も用意してないの」
 棺桶の上に座り、改めて見渡すと、床には絵の具で汚れたパレットや古い絵の描かれたキャンパスが幾つも転がっていた。
「全部、君が描いたのかい?」
 彼女は、笑いながら頷いた。
 彼女と出逢ったのは、先月末。行きつけのバーでだった。薄暗い店内に浮かぶ青白い顔の彼女は、不気味なまでに美しく、思わず年甲斐もなく私は彼女に声を掛けてしまった。
 ウィスキーに浮かぶロック氷を指先で沈めながら、彼女は呟いた。
「たまには、酔えたらいいのにな」
 不思議な女性だ。彼女は、お酒を幾ら呑んでも酔わないらしい。試しにウォッカを二瓶程ご馳走してみたが、本当に彼女は顔色一つ変えなかった。
 この不思議な女性に興味を持った私は、彼女が普段何をしているのか知りたくなった。なんと質問しようか考えていると、彼女から教えてくれた。
「普段は、絵を描いて暇を潰しているのだけど、貴方は何をしているの?」
 私は、答えた。
「私は、小説を書いているよ。売れなくてね、最近まで新聞でコラムを書いていたのだけれど、その仕事ももう終わりだ」
 私は、大きく溜め息を吐いた。
 思い付いたかの様に、彼女が口を開いた。
「人を探してるの。貴方、新聞に物語を書く事は出来るのかしら?」
「人を探しているのなら、物語より呼びかけた方がいいんじゃないのかい?」
 私がそう提案すると、彼女は寂しそうに首を左右に振った。
「呼びかけて見つかるなら、彼女はもう見つかってる。彼女は、隠れているだけなんだ。僕に怒って。だから、僕の気持ちを伝えないと、彼女は戻って来ないと思う」
 先程まで可愛らしかった彼女の声が、“彼”に変わった。彼の方が自然で、私は彼女に失礼な質問をぶつけてしまった。
「君は、女性? 男性?」
 彼女は、はっとして口元に手を当てた後、息を飲んでから小さく答えた。
「どちらでも、あるかな」
 と。
 益々この奇妙な女性に興味を抱いた私は、彼女兼彼の希望である新聞への連載小説を承諾する事にした。新聞社には、まだコネがある。何とか無理を言ってお願いすれば、内容によっては掲載して貰える筈だ。
 そして、私は書くために必要な彼女の物語を聞く為、彼女の住むアパートに呼ばれたところだった。
「そうだ、物語を始める前に、貴方(きみ)にあるものを見せないと」
 彼女は絵を書くのを止め、私を棺桶から立たせた。彼女が棺桶の蓋をずらずと、中には金髪の息を飲むほど美しい人が眠っていた。死人にしては綺麗すぎるが、生きているとは思えない。人形かとも思った。
「これはね、僕なんだ」
 彼女に出逢ってから初めて、ゾクッとした悪寒が背中に走った。
「貴女(きみ)は、一体?」
 彼女は棺桶の蓋を直し、その上に腰掛けた。再びそこへ私を座らせると、ゆっくりと語り始めた。
「ニンニクも十字架も太陽の光も平気だけど、ヴァンパイアなんて呼ばれた事もある。だけど、そんな限定的なものじゃない。酒だって呑むし、美味しい食べ物は大好きだよ。血だって滅多に飲まない」
「滅多にと言うと、飲むこともあるのかい?」
 私は、恐る恐る問うた。もしかしたら、彼女が私を餌にする為に自分をこの部屋に呼んだのではないかと疑ったからだ。
 彼女は膝の上で頬杖を作り、きょとんとした顔で私の方へ顔を向けた。
「僕等はね、血を飲むと特殊な能力を発揮する事が出来るんだ。でも、もう二百年近く口にしていないよ。そんなに美味しいものではないしね」
 彼女が近くに置いてあったA4サイズの小さなキャンパスを手に取り、私に渡した。そこには中世ヨーロッパ、もしかしたらもっと昔かも知れない頃の建物の絵が描かれていた。
「シャルル・アンリ・バシュロ・ナルカン。僕の名前だ。その絵は、僕が描いた僕の居た劇場だよ」
 私は、ポケットから手帳と愛用の万年筆を取り出すと、シャルルの話を書き留める準備をした。シャルルも私の準備が整うのを待ってから、少しずつ話始めた。
 遠くを見つめるように話すシャルルの横顔は、美しくも懐かしさに悲しさを含んだ儚さを秘めていた。

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー


コメントを残す

おすすめ作品