幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

サクリファイス クロニクル編5

   

人探しの為、売れない作家に物語の執筆を依頼するシャルルの物語の舞台は、魔女狩りとペストに怯えるまさに暗黒の時代であった。
新団員のロランが持ち込んだ“悪魔”により、シャルルの命の火が消えようとする。死を前にしたシャルルの元に現れたのは、魔女狩りの業火で焼かれた筈の幼馴染みのソバッカスだった。
サクリファイスと呼ばれる怪物を描いた、ゴシックダークファンタジー。

 

 僕が望んでいたのは役者の生活ではなく、画家としての人生だったのだ。さほど有名になれなくてもいいから、絵を描きながらひっそりと暮らせればそれで良かった。ただ、一つ贅沢を言うなら、いつか教会の天井一面に自由に筆を走らせてみたかった。

 ……ボクは……悪魔なんです。

 ロランの言葉が、蘇る。今、考えればあの言葉で、気付くべきだった。
 彼が、何故人との接触を控えてきたのか。何故、あんなに怯えていたのか。

 三日後、僕は高熱に倒れた。

 朦朧とした意識の中、団長の罵倒する声や団員達の叫び声が聞こえ、ロランの「ごめんなさい」との謝罪が耳に残った。時々目を覚ますと、視界に映る自分の腕に黒い痣の様な跡が映り、それは徐々に広がっているかに見えた。
 ペストだ、と認識した。
 苦しくて咳き込めば、口元を抑えた掌やベッドの上に、血液が広がった。
 何度目かは記憶に無いが、それでも何度も目を覚まさないうちに、僕のベッドの脇にパンとワインの投げ込まれた籠と、ダミアンが見せてくれた銀のカップが置かれていた。当然に、劇場から人の気配は消えていた。
 それは紛れもなく、独りで死ね。との意味であった。
 ペストは、元々クマネズミ等の齧歯類に流行する病気で、菌に感染したクマネズミ等の血を吸ったケオブスネズミノミ等が人間の血を吸った際、その刺し口から菌が侵入する事で感染する病気だ。他に、ペスト患者からの感染もあるが、このノミが人にくっつき、人を使って広い範囲に被害を齎したと言われている。だが、当時のヨーロッパの街は余りにも不潔で、ノミや害虫は人の身体から生まれると信じられていた時代だった。そして、当時の人々の中に、ペストの原因を解明しようとする者はいなかった。それだけ、恐れられていたのだ。結果、感染の原因がはっきりするまで、相当な時間を要した。
 ペストに侵された街中を逃げ回ってきたロランが、ペストノミを身体に付けていたと今なら容易に想定出来るが、当時の僕は当時の世間常識程度にしか知識が無かった為、ロランが魔術を使ったと思考した。そう、ロランの言った悪魔の単語をそのまま捉え、僕は生贄にされたのだと思ったのだ。きっと、ロランがこの先も生き延びる為の、魔術の生贄だろうと。
 本当に、今思えば恥ずかしい程に無知故の情けない考えだった。
 死を待つ間、僕はロランを呪っていた。けれど、暫くして、そんな自分の愚かさに涙が溢れた。生きている間は、それが苦痛でならなかったのに、いざ死を前にしてみれば、こうして死を齎した人間を呪うのだから。本当に、僕はなんて都合の良い人間なんだろうかと。
 いつ、どのタイミングで自分が死ぬかは解らない。高熱に魘され、目が覚めた時に生きていたら、安心と不安と絶望を繰り返すだけだった。時間の経過も解らなかった。ただ酷く喉が渇いたため、ワインはあっという間に無くなってしまった。
 夢か幻覚だったかは未だにはっきりしないが、僕はその時、子供の頃の忘れていた記憶を見ていた。
 僕が十歳にも満たない幼い頃、旅の絵描きが村に来た。ソバッカスと一緒に遊んでいる時だった。その絵描きは僕を見て、僕の絵を描きたいと言った。僕は、母に内緒でソバッカスと一緒の絵だったらいいと答えた。
 その絵描きは、鞄の中からオークの板を取り出すと、そこに僕とソバッカスを描き始めた。いつも母が絵を描いて貰っている姿は見ていたけれど、自分が描いて貰うのは初めてだったから、本当にわくわくした。ソバッカスは、終始照れているようだった。
 やがて、スケッチが出来上がり、絵描きは僕達にその絵を見せてくれた。簡単な下絵しかなかったのだが、繊細で綺麗な絵だった。その絵は、背中に鳥のような羽根の生えた天使の絵だったのだが、その天使が僕とソバッカスだったのだ。僕は、その絵の中に限りない自由を魅た。
 絵描きは、この絵を完成させるために自分の家に帰ると言った。ずっと、この天使のモデルを探して旅をしていたんだと言っていた。だから、僕はその前に、絵を教えて欲しいと頼んだ。
 絵描きは、モデルのお礼だと言って、持っていたオークの板を三枚と、ひとかけらの木炭をくれた。それらを僕は、母に見つからないよう自分のベッドの下にこっそりと隠した。
 最初はオークの木の板になんとか絵を描こうと試みたものの、初めてにして上手く描けるはずもなく、結局は無駄にしてしまった。それからは、石を使って地面に絵を描いた。毎日夢中で、本当に楽しかった。

 

-SF・ファンタジー・ホラー


コメントを残す

おすすめ作品