幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

幻影草双紙78〜新男と女〜

   

 この世から争いが絶えることはないでしょうね。
 男と女がいるかぎり。

 

 
 女性の直感は、100万年かけて形成されたものである。
 100万年もの間考えなければ、直感が進化するしかないではないか。

「あんなに危険な場所へ探検に行って、恐いとは思わなかったのかい?」
「女房の待つ家のことを思えば、どこへでも行けるさ」

 女は演技者である。
 ただ、自分を愛しもしないし憎みもしない者に対しては、演技が出来ない。

「統計的には、男は女より平均寿命が短いんだぜ」
「正直者は早死にするわけだ」

 女はうそをつくために生まれてきた。
 男は、そのうそを信じるために生まれてきた。

 男が死ぬとき、最後まで動いているのは心臓である。
 女が死ぬとき、最後まで動いているのは舌である。

「男って、ダメね」
「何故だい?」
「右の耳から入ったことが左の耳から出て行くじゃない」
「女は、両耳から入ったことを口から出すぜ」

「失礼ね、あなた、私のドレスの裾を踏んでいるのよ。謝りなさい」
「私には、これくらいしか出来ないのです」
「え?」
「空の上の天女を捕まえることは出来ません」
「だから何なのよ」
「でも、地上の天女を釘づけにすることは出来ます」
「許してあげるわ」

 女はバカである。
 神様は、バカな男にふさわしいように女を作られたのだ。

「僕は、女運が悪いんだ」
「本当かい。なんという、運のいい奴なんだ、君は」

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品