幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

44口径より、愛を込めて episode4

   

小春の誕生日会に呼ばれた、魔夜と大雅。
魔夜はそこで、健作の妻から弱音を聞いてしまう。
再び、気持ちに疑問や不安を持つ魔夜であった。

本格的ミステリー
44口径より、愛を込めて

 

~御呼ばれ~

 いつもと変わらない朝を迎えた。
 初夏の風が少しだけ空いた窓の隙間からカーテンを揺らす。
 心地の良い風は大雅のダークブラウンの少し癖のあるショートヘアをすり抜け、私のローズブラウンの長いストレートヘアを通り抜けていった。
 私の髪でキラリと光る昨日買ったばかりのお花の髪留めを指差し、彼が似合うよと開陳する。
 私は少し照れながら「少し子供っぽいかなって思ったんだけど」と呟いた。
 今朝の朝食は、スクランブルエッグとハムステーキ、トーストだった。食事を終えると、私は店に、大雅は病院へと向かった。
 暫くして、ケンさんと陽太君が店に顔を出しに来てくれた。
「魔夜ちゃん、おはよう。大雅君から聞いたかな。突然、申し訳ない。小春が魔夜ちゃんと大雅君に会いたいって駄々こねて」
「魔夜さん、おはようございます。小春ちゃん可愛いんですよ。ケンさんの子供とは思えないくらい……」
 バシン! と、ケンさんが陽太君の後頭部を軽く叩いた。
「おはようございます。こちらこそ家族水入らずのところ、お邪魔してすいません。とても楽しみにしていますよ」
 私は込上がる笑いを必死で抑えながら謝意を口にした。
「そう、畏まらないで。人一倍やかましい奴も一緒だから」
 ケンさんは尚もすまなさそうに、平身低頭の姿勢で陽太君を肘で突く。
「ケンさん、そう言いますけどねぇ。静かなオレってどう思いますぅ? 朝来たら窓の外とか眺めながら一言“おはようございます”しか発しませんよ? ウマいもん喰っても“美味しいです”しか言いませんよ? しかも、ボソボソと」
 それ、もう既に性格変わってるじゃん。
「そんな日も見てみたいものだ」
 ケンさんが呆れたように言うから、陽太君がフグみたいに膨れた。私は堪らず、笑いを吹き出してしまった。
「魔夜さん、酷いです!!」
「……ご……ごめん……」
 ケタケタ笑いながら、三人で話をしている時だった。
 店の入口が開かれ、客が独り入ってきた。こんな男臭い店には似つかわしくない、二十代半ばくらいの、白いツーピースを着たショートヘアの女性客だ。
 その人は私を見るなり、ゆっくりと頭を下げた。
「……じゃぁ、魔夜ちゃん。また夕方、迎えに来るからね。行くぞ、陽太」
「じゃぁ、魔夜さん。また」
 ケンさんと陽太君が店を出た。彼女は二人が去るのを目で追うように確認すると、私に向き直り再度頭を下げた。
「お忙しいところ、すいません。少し、よろしいでしょうか?」
「はい」
 彼女の長い前髪の隙間から、思い詰めた表情が覗いた。少し窶れている様にも伺えるその頬が動くと同時に、重々しく言葉が連なり始めた。
「男性の店員さんは、お見えになりますか?」
「今、出てますけど」
 彼女は大きく息を吸い込むと「そうですか」と小さく声に出しながら大きく息を吐いた。
 取り敢えず、要件を聞いてみることにした。
「どういった、ご要件で?」
「……いえ……大した用事ではありませんから。また来ます。お邪魔しました」
 本日三回目の会釈をし、彼女は店を後にした。
 暫くして、大雅が病院から戻ってきた。その頃には、私はツーピースの女性客の事をすっかり忘れていた。
 相変わらず、店に客は殆ど来ない。平日は、一日に二~五人といったところか。休日になれば、十数人程度の来客はある。それでも生活が成り立つのは、これが本職でないからである。
 夕方5時頃、陽太君が自家用車で迎えに来てくれた。ケンさんは、自宅でお誕生日会準備のお手伝い中とのこと。大事な家族サービスの一つ、案外そんな事が楽しかったりするのだ。私達は、依然として客のいない店を本日早期閉店とし、シャッターを下ろして店を出た。
 車で四十分程走った先に、ケンさんの自宅はあった。二階建てで、車庫と庭付きの大きすぎない普通の一軒家だった。そこから三軒隣が陽太君の住む賃貸マンションで、そこの駐車場に車を停め、ケンさん宅には徒歩で向かった。余談ではあるが、陽太君曰くどうしてもケンさん宅の近くに住みたかったそうで、最近やっと入居することが出来たそうだ。
 陽太君が張り切ってインターフォンを鳴らすと、スピーカー越しにケンさんの声が聞こえてきた。続いてケンさんによって中から扉が開けられ、私達は室内へと招き入れられた。
「お忙しいところ、ごめんなさいね」
 カーキーの綿パンとボーダーのポロシャツといったラフな格好で、ケンさんの奥さんは料理を並べていた。隣で手伝っていたツインテールの女の子、小春ちゃんがこちらに気付いて寄ってくる。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド


コメントを残す

おすすめ作品