幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ショート・ショート

うやうやしくみずみずしいバカ。

   

 ここに一万円ある。

 いや、一万円しかない。

 いやいや一万円は確かにあるのだ。

 どうしようもなくどうしようもない、一万円の話。

 

 ここに一万円ある。

 家賃、光熱費を支払った残りのお金、
 ではない。
 今月のおこづかいでもない。

 ここに一万円ある。

 言い換えれば一万円しかない。

「使っても良いお金。」が一万円しかないのではなく、今ある全財産が、一万円しかないのだ。
 
 だが、あえて、

 ここに一万円ある。
 
 と、希望のある言い方をしよう。

 普通なら次の給料日まで大人しく過ごそう。とか思うのだろうが、私の場合そうはいかない。

 次の給料日なんて無いからである。
 つまり、私は無職だ。

 もう一度、言っておこう。
   
 ここに、一万円ある、
 と。

 

-ショート・ショート