幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ショート・ショート

関本みゆきの「普段通り」の一日

   

関本みゆきの一日は、ワイドショーの星占いから始まる。

毎朝テレビから流れる星占いに左右される、とあるOLの一日。
今年一番とも言える良い運勢だというそのアドバイスに、星占いを信じきっているみゆきは翻弄されるけれど…?

 

 関本みゆきの一日は、ワイドショーの「星占い」から始まる。

 とはいえ、「星占い」と言っても何のことはない、ただのTVの視聴率狙いコーナーの一角である。
 機械的に作り出された結果に、何となく今流行りのものを織り込んだラッキーグッズとラッキーカラー。
 言われたままのものを身につけ外に出ようものなら、ただの派手好き・奇抜になること、この上ない。

 しかしそれでも、人というのは単純なものである。
 その日の運勢が十二星座中第一位になろうものなら天にも昇りそうなテンションで出勤し、最下位になろうものなら就寝前まで気分が晴れない。
 みゆきも、そんな単純な人間の一人であった。
 「普段通りの一日」の最初を彩るそのちょっとしたイベントに、おおいに踊らされ、そして少なからず胸をときめかせる一人なのである。
 テレビ局もここまでただの占いコーナーを重宝してもらえるなら本望かもしれないが、まあ彼らにとっては視聴者の運勢の良し悪しなど知ったこっちゃない。
 話題になりさえすれば、それで構わないのである。

 ……そんなテレビ局の思惑にまんまとはまっているみゆきであるが、今日も朝起きて顔を洗うのも早々、一番にこの「星占い」コーナーをチェックした。
 すると、本日のみゆきの運勢はなんと第一位。しかも、「今年一番と言っていいほどタイミングに恵まれる日」とお墨付きだ。

 今月のみゆきは、不運な事に見舞われることが多かった。
 駅で財布を落とした……までは、「あら大変だったね」で済むのかもしれないが、その財布を探している最中に手にしていたスマートフォンを線路に落としてしまい、駅員を呼びに行っている間に電車に轢かれてスプラッタに。
 当然ながらアドレス帳のバックアップもとっていなかったため、数日前に合コンで知り合ったちょっとお気に入りの男性の連絡先もパー。
 何とか電話を復活させるも、その頃にはその彼も、他に彼を狙っていた友人にとられてしまった。
 落ち込んだみゆきはヤケ喰いに走るのだが、そのせいで三キロ太って洋服がきつくなり、新たな出費が増えた。
 そうして購入した服だったのに、家で服のタグを切る際に手が滑り……なんと着る間もなく服に大きな穴が開くという。

 不幸が不幸を呼び、更に水でも掛けられているかの気分である。
 ……そう言うこともあったので、この占いの結果は大変幸先がよいと感じるみゆきであった。

 しかも今日は、みゆきが参加しているプロジェクトの会議で、得意先企業の担当者前でプレゼンをする日である。
 これは、成功する兆しかも知れない。みゆきは本日の予定を思い浮かべて、思わず笑みを浮かべるのであった。

 全く、単純な性格である。だが、それがみゆきの長所であり、そういう所が無ければ不幸まみれの日々、立ち上がれなくなってしまうのは言うまでもないだろう。

 

-ショート・ショート


コメントを残す

おすすめ作品

画期的な目覚まし

星物語<6> 双子座の話

止時竜の敗北

努力マシーン

ブランコ