幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

会社学校〜ゼッピョと一緒〜 第3号

   2015年11月16日  

会社のような、学校のような
社員のような、生徒のような

営業部第二課チームAの四人。実力者揃いで、売上は常に上位だったが…

チームA人物紹介

刈谷:第二課の課長。クラスと同い年だが、中途採用のクラスとは違い、十五年以上のキャリアを持つ。

坂:ゼックン、ピョロンと同い年。発言力と機動力に優れ、高い成績と目標を持つ。出世候補ナンバーワン。

木田:中途採用で入社してきたゼックンをこき使っていた。今でも舎弟だと思っている。

小林:トップセールスレディ。生真面目で男勝り。新人教育、指導も担当している。

 

おめでとう。

刈谷:凡内凡内~、聞いてくれよ~
ゼ:絶対に嫌です。ニヤニヤしないでください。汚らしい
刈谷:なんでだよ綺麗だよ。あのな
ゼ:こないだの新規顧客の件ですが
刈谷:は? いきなり仕事好き?
ゼ:仕事中は私語を慎む僕に何かようですか?
刈谷:できたんだよ。子供が
ゼ:あー、ワンちゃんの?
刈谷:なんで飼犬が妊娠したことをわざわざお前に言うんだよ
ゼ:すいません、僕んちペット禁止なんで
刈谷:ちげーよ。俺の
ゼ:あー、刈谷課長が妊娠したんですか? 醜い体型だと誤解していました。すいません
刈谷:お前ふざけんなよ。俺のどこが醜いんだよ。高校の時は細身で足が速くて音速の貴公子とか女子達に言われててさ
ゼ:へぇーすごいですね。豚足の肥満児って言われてたんですか
刈谷:言われてねーよ。ふざけんなよお前。今は、俺の嫁の話をしてんの
ゼ:課長、部下に奥様の悪口なんてよくないですよ?
刈谷:は?
ゼ:自分が愛した人を醜いだなんて
刈谷:お前は人の話を聞く力ゼロか。だからな
ゼ:Zzz…
刈谷:寝るなっ
ゼ:寝るわけないじゃないですか。仕事中ですよ?
刈谷:寝たふりをするなっ。あーわかった。さてはお前、羨ましいんだろ?
ゼ:すぴー…
刈谷:だから寝るなって
ゼ:すぴーって言っただけですけど
刈谷:お前はわけわかんないな
ゼ:で、子供がなんでしたっけ?
刈谷:嫁が妊娠し…
ゼ:先に鼻かんでいいですか? ビシューッ!
刈谷:きたねーなっ
ゼ:奥さんが?
刈谷:馬鹿っ。お前だよお前。お前は本当にわけわかんないな
ゼ:真面目で仕事好きな堅物ですいません。不器用ですいません

カ:…ゼックンさん、なんで刈谷とはいつもあんな感じになるんですか? 普通におめでとうの一言で済む話じゃないですか
ゼ:あいつは喜びを分かち合うって感じじゃないからね。おめでとうと言ってくれ、おめでとうと言われた自分はすごい、親になる自分はすごい、何人もの子供を養えてすごいだろっていう優越。あいつはそんな奴だから
カ:まぁ、わかりますけど
ゼ:あいつが結婚した時もそう。結婚して立派とか世間体がどうとか、派手な式を挙げる金があるとか、あいつの頭ん中はちょっと鬱陶しい方向にずれてるし、ただの褒めてもらいたがりだから
ピ:結婚式のアルバムを会社に持ってきやがった時はびっくりしたよな
カ:確かに、見せてきた時のセリフには引きましたね。結婚したんだよって見せてきたら嫌々見たかもしれませんけど、アルバムの金額から話してましたしね
ピ:これ30万したんだよーっていきなりだったな
カ:あんな奴の結婚式の写真なんかどの社員も興味ないですからね
ゼ:美男美女だったらまだしも、あんな八百屋の売れ残りみたいな二人。オシャレなイタリアンソースとかバジルをかけても、タロ芋は所詮タロ芋だからね
ピ:ゼックンは刈谷にきっついなぁ
ゼ:おめでとうってのは、言わせたり欲しがったりするもんじゃないから。あいつはまるで上手く芸が出来たイルカみたいにそれを欲しがる
ピ:謝れ、世界中のイルカ達に謝れ
ゼ:刈谷と一緒にしてごめんなさい
ピ:よし、許す
カ:でも、あれじゃぁまるでゼックンさんが変な感じに見えますよ?
ゼ:会社の人達は俺をわかってくれてるから大丈夫だよ。刈谷にだけだって
ピ:じゃぁ、あれが部長だったら?
ゼ:泣いて喜んでダッシュで赤飯買いに行ってるね
カ:うわぁ…嘘くさい

 

-ノンジャンル
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品