幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

怒りの値段(中)

   2015年11月25日  

下葉は仕事を終え、いつもの動画サイトへアクセスすると、また売湖が出演していた。
今度の動画は、売湖の今までの活動経歴を振り返るという内容だ。
しかし、その動画の中で、売湖は悪行の限りを尽くしていた。
ブログ荒らし、掲示板工作、討論会での乱闘騒ぎ……。
作家は、売れるためであれば、本当に何でもやって良いのだろうか?

 

問題:これが大ベストセラー作家の売れる技術……らしいけれど、いいのか?

その後、編集部でこってりと絞られた後……。
夕方には帰宅し、珍しく机に向かう俺。
そして、俺は原稿の直しを終えると、ビールを飲みながら動画サイトにアクセスしていた。

「おっ、また売湖が出ている……。って、マジかよ、これヤバいんじゃね?」

その動画は売湖が荒らした数々の悪事を特集していた。
しかも、彼の悪行は責められるのではなく、むしろ賞賛されていた。
先ほど、編集部で本人が言っていたとおり、ブログや掲示板を荒らし、公開討論で相手方を貶(おとし)めたりする恐るべき悪行がつらつらと語られていた。

 

-ノンジャンル

怒りの値段 <全3話> 第1話第2話第3話

コメントを残す

おすすめ作品

会社学校~ゼッピョと一緒~第16号

輪っかの外側(前)

廃村を照らす自販機

レギュラー・バット(前)

不思議なオカルト研究部 第三話 酒場の守り神 前編