幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

確認事項

   

「ねぇ、私のどこが好きなの?」
 そいつは決まっていつもこう訊いてきた。だから毎度こう返す。
「じゃあ、お前はおれのどこが好きなの?」

 つき合って1年半がたった恋人同士の放課後の始まりはいつもこれだった。

 

 
「ねぇ、私のどこが好きなの?」

 そいつは決まっていつもこう訊いてきた。だから毎度こう返す。

「じゃあ、お前はおれのどこが好きなの?」

 するとそいつは曖昧に笑って、さっさと先を歩いていってしまう。

 これがお決まりの放課後だった。

 

-ラブストーリー