幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ラブストーリー

「このデートはフィクションです」(男性視点編)

   

レストランでデート中のとある一組のカップル。
一見して普通にデートしているけれど……。
実は、このカップルには人に言えない事情があった。
「彼氏目線」から明かされる、このカップルの正体とは?

*本編の(女性視点編)と合わせて読むと、全体像がはっきりわかります。

 

 

 僕は今、とてつもない罪悪感に悩まされている。
 ほんの軽い気持ちで始めた仕事だったんだけれど……。

「鏡屋君、どうしたの? 大好きなハンバーグ食べないの?」

 今、僕とレストランにて、相席で向き合っているのは、僕の「彼女」だ。
 彼女に「 」が付くのは、それは、本当の彼女ではないからだ。

 ちなみに、鏡屋君と今、呼ばれたがそれは僕の仮の名。
 僕はこの仕事で、「鏡屋四朗」(かがみや・しろう)と名乗っている。

「あ、ああ……。わーい、ハンバーグ好きだな、あはは……。ごめん、ちょっとお腹が痛くて、あまりたくさん食べられないんだ。勅使河原さんこそ、カルボナーラのパスタ好きだよね? 食べないの?」

 この「彼女」の名前は、勅使河原倫世(てしがわら・ともよ)。ちょっといいところのお嬢様なんだ。年齢は二十三歳だっけ。大学を出たばかり。僕より二歳年下だ。

「う、うん……。私もちょっと今日は胃が痛くて……。あはは、変ね、私たち、好きな食べ物を好きなレストランで食べているはずなのに、どうも箸(はし)が進まないわね……」

 そうか、勅使河原さんは胃痛なんだ。
 冷や汗とかたらたら出ていて、顔も青白い。
 もしかしてすごく体調が悪いのかな?

 僕たちは、碌にランチも食べずに、そそくさとレストランを去った。
 この後、いつもだったら恋人同士の営みとかあるはずだが、今日はなんか気分が悪い。
 仕方がないので、ここで解散にした。

 

-ラブストーリー

このデートはフィクションです <全2話> 第1話第2話

コメントを残す

おすすめ作品