幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season6-7 END

   

 上倉は偽りの動機を話す。そして自分こそが下田殺害の犯人だというのだ。
 なにをいっても御影には見えている。今度こそ、まちがいない、とりちがいない推理だ。

 五藤が真犯人であることはまちがいない。そして、それに関与した上倉。

 ふたりは下田という高学歴を振りかざす若造に、会社の内部をめちゃくちゃにされるのは我慢ならない。
 それぞれが胸のうちにある動機が、刃を光らせた。

 御影は言葉で上倉に説得するように語りかけた。

 そして互いが互いを思いやる気持ちが、すれ違いが生じて最悪な結果になった。

 上倉が証言しはじめる。それは事件の裏づけになり、真犯人の五藤の犯行と、関与してしまった上倉。

 くだらない下田の思想に我慢できなかったふたりが、引き起こした犯行だった。

 五藤は自身の犯行に巻き込んでしまった上倉に謝るどころか手伝わせた。そして事件の動機を語りはじめる。

 それはこの工場の未来を見据えてのものだった。

 解決した事件に、御影も自身を見つめなおす時期だということを改めて認識した。

「第六シリーズ完結」

 

「おれは結局なにひとつ探偵として一人前じゃない。まだまだ未熟な見習い探偵だった」御影はいった。「仲間に助けられて、協力を得て、影で支えられて、いつもそばで見守られていて、いつのまにか成長の見極めを警察にまで頼んでいた」

 川上が尽力していた。大地と水桐も協力してくれていた。雲田までもこっそりと力を貸してくれた。森谷もいつもそばで御影の不出来な推理を穴埋めしてくれる。そして氷室から試されることまでされていた。

「まさかとは思ったが、でもそれは信頼されている、期待されているってことだってわかったんだよ。だれかをかばう気持ちはわからないわけではない。でもそれがそのひとのためにはならない。あなたはこれから、他人の罪を背負って自分の人生を棒に振る。これがどれだけの息苦しい生き方になるか、わかっているのか? もうここで働くことはできない。その罪を償うとなったら、なにもかもを手放すことになる。そのとき上倉さん、あなたは孤独な人生を送るしか、選択肢はないんだよ」

 上倉はなにもいわなかった。

「あんたが流した涙は愛するひとを守りたいがために流した涙だ。だが、その真犯人はあなたに感謝はうっすらとするだけで、明日には忘れておなじことを繰り返す。犯罪者とはそういうものだ。一度味わった甘い蜜を吸いつづけたいと思うものだ。上倉さんが自供、いや、あなたは犯人ではないから証言に変わる。証言してくれ、そうすれば証拠にも裏づけがとれる。立証できるんだよ」御影は険しい顔で訴えかけていた。

 上倉は顔をあげて答えた。「きみのいうとおりかもしれない。おれはなにを勘違いしていたのだろうか、若い社員を守るために恋心がないわけではない。学歴もない、長く勤めてやっと昇給し、機械部のリーダーに就任したことで安泰だと思っていた。あとは恋人がほしいと思っていた。モテず、冴えない、ダサい下町工場の汗と油まみれの男を好きになってくれる女がいるものか、とあきらめていた。そこに可愛い女子社員が入社してきて、男たちは胸躍ったな。明るい笑顔にみんなが救われた。だからおれも憧れていた。しかし女は高学歴で将来性をこんな小企業で終わる男ではないと自信満々に言われたら心は揺れるだろう。女はみんなそうだ。おれたちは彼女が下田と並んで歩くすがたを見て愕然とした。ふたりが恋人関係になったのかと。どっちも問いつめることはできなかった。プライバシーがある。個人の私生活まで監視するのは野暮だった。だから、おれたちは目をつぶった。しかし…」

 上倉は涙をこぼした。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season6 <全7話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話

コメントを残す

おすすめ作品