幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season8-3

   

 テレビ報道で、尾澤の釈放が報じられた。これで警察は紙面で叩かれる。ずさんな捜査によるものだ。だが、そのすべてが氷室探偵が状況証拠を集めて示したのが尾澤だった。

 火守は最終的に尾澤であるのは明白でしょう。と警察に助言した。

 氷室名探偵ならそんなミスを跳ね除けるだけの“なにか”を抱いているに違いない。

 火守はこの案件についてまだ時間が浅く、隅々まで目を通すだけの思考とイメージめぐらせることができていなかった。
 それが汚点の原因でもある。

 DNAが不一致であれば潔白である証拠になりうる。一番確証される証拠であるからだ。

 犯人はほかにいると、疑惑は晴れるのはとうぜん。

 森谷も同意していた。“疑わしきは罰せず”。日本の法律にはそういう習わしがあるのだ。

 御影は憤慨しているが、状況証拠だけでは不十分と見られるのであれば確たる証拠をあげるまで。

 火守と御影と斉藤は、釈放された尾澤が自宅にもどることを知り、待ち伏せして様子を伺うことにする。

 仰々しく黒塗りの覆面パトカーが現れた。政木警部も一緒だった。

 刑事たちが尾澤の見送りをすませると、火守は政木警部に近寄った。

 落胆している警部たちだったが、探偵がまだあきらめず動いているのなら、氷室が集めた証拠類などをもう一度検証するため、警視庁へもどるといった。

 

 釈放された尾澤。テレビでも報道されているほど世間の注目はあるようだ。

 探偵事務所のテレビで報道番組を視聴していた。

「六本木の猟奇殺人事件の犯人と思われていた尾澤氏が釈放されました。警視庁ではこの誤認逮捕に謝罪会見を後日する予定であるが、尾澤氏にまず弁解の機会を求めているとのことです」

 報道局員がまじめな顔で述べていた。

「くそっ、ほとんどの証拠がこの尾澤ってやつを示しているのにDNAの不一致だからってすぐに釈放はないよな。とりあえず再捜査が終わるまで逃亡ができる状況であるいじょう牢屋に入れておかなきゃ」御影はいった。

「それはむりだ。なんといっても無実だと思われたいじょう、拘束することはできない」火守がいった。

 御影は憤慨していた。「それはそうかもしれないけど、だからって完全に容疑から外れたというのはおかしいと思う。状況証拠は完全にこの男だ」

「疑わしきは罰せずなのだよ、御影くん」森谷が割って入ってきた。

「森谷さん、それはそうですけど氷室探偵が集めた証拠は尾澤が犯人を示しているんでしょ?」御影がテレビ画面に映る尾澤に指をさす。

「でもねえ、すべては証拠があってのものだ。そうしないと裁判では勝てないのだよ。ある意味、氷室くんが集めた証拠だけだと、ちょっと薄いかなーと思うのはわしだけかな、ほっほっ」森谷はいった。

「裁判だとこれだけの証拠でもダメ? 実刑にはできないというわけ」御影は目を見開いていた。

「そうだ」火守は森谷同様に結論に至った。「このままだとな。やはりDNAが不一致は痛い」

 御影は火守の顔をみる。すると考えた。「ということはさ、氷室さんもわかっていたわけだ」

 火守と森谷は御影に視線をむける。

「どういう意味?」そばにいた斉藤が代わって御影にたずねた。

「だってさ、氷室さんは逮捕するための証拠を集めるだけで終わりとは思えない。そのさきのことも考えている。もしかしたら、DNAのトリックについても感づいていたのかもしれない。だからすぐに結論をだすことができずに、なにかを待っていた。その結果が出てからさらなる一手で追い詰めようとしていたんじゃないの? 氷室さんなら裁判での一連の流れで判決を実刑になるだけの証拠をぜったいに見つけるはずでしょ」御影はいった。

 火守は御影の考えに落ち度がないことに同感した。「おまえ、氷室さんの心情を読み取ったのか。それとも氷室さんならそこまで見通して考えて行動している。しかも味方の警察にも黙して最終的な答えにつながるまでは隠していると…」

「そうそう、そういうことっすよ。氷室さんならそうする。だから名探偵なんですよ。超一流のね」御影は微笑んでいた。

 火守はその御影のいけ好かない微笑みの顔をみて、見間違えそうな錯覚を見た。

“まるで氷室さんが謎解きをするときに見せる表情を彷彿とさせている”。

「その可能性はじゅうぶんにあるのだよ」森谷が同意した。

「よし、その可能性を信じて行動する。まずは自由になったばかりだが、本人にヒヤリングだ」火守がいった。

 御影は、ヒヤリングって言い方にほれこんだ。そして尋ね人がだれか、それは聞くまでもなかった。

 火守の視線はテレビ画面をにずっとらんでいた。そこに映っていたのは元容疑者の尾澤だった。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season8 <全9話> 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話

コメントを残す

おすすめ作品

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第34話「それでも――――」

   2017/11/20

探偵の眼・御影解宗の推理 【嘆きの双子】15

   2017/11/20

ロボット育児日記39

   2017/11/17

忠実な部下たち

   2017/11/17

モモヨ文具店 開店中<36> ~帰り行く者~

   2017/11/16