幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

会社学校〜ゼッピョと一緒〜 第8号

   2016年4月4日  

くだらない会話で日常を彩る。それが彼らの生き甲斐であり、それを日常とする。ゼックンとピョロンとその仲間達が繰り広げるシュールトーク。

1ページ目、好物。
ゼックン、トッツ

2ページ目、ストラップ。
ゼックン、カブー、トッツ

3ページ目、遅刻の言い訳。
ゼックン、ピョロン、トッツ

 

好物。

ト:ゼックンさんの好きな食べ物ってなんスか?
ゼ:え?なんで?いいよいいよ。気を遣わないで
ト:遣わないっスよ。実は、新しい女友達がいて
ゼ:ガールフレンドってやつか
ト:おっさん英語はいいんスよ
ゼ:おっさん英語…
ト:その女友達の好きな食べ物が、キャビアなんスよ
ゼ:好きな食べ物がキャビア?ずいぶん高貴というか…変なの
ト:ね?おかしいっしょ?
ゼ:そうだね。人はあんまりキャビアを食べないからね。痛風になるし
ト:そいつ、好きな食べ物の項目で高級感出してやがるんスよ。マジムカついて
ゼ:別にムカつかなくていいけど。キャビア丼が好きって言ったら絶対にキャビア好きそうだけど、キャビアって言われても…ちょっとね
ト:キャビアに丼つけたら高級感がどっかいっちゃった…
ゼ:そういや、こないだ接待で行ったクラブにいた25歳の女の子が
ト:なんスか?
ゼ:イチゴが大好きって言ってた
ト:可愛いじゃないスか
ゼ:可愛いかな?25歳だよ?下手したらもっといってるんだよ?25年間イチゴより美味しい物を食べたことがないの、そいつ。可愛子ぶりやがって
ト:うわぁすごい偏見。で、ゼックンさんは何が好きなんスか?
ゼ:俺はあれじゃん。たい焼き
ト:は?たい焼き?
ゼ:今、は?って言った?
ト:はい
ゼ:はいじゃねーよ
ト:いや、たい焼きってなんスか。それこそ他にもいっぱいあるじゃないスか。てか、自分も可愛子ぶってるし。女子かよ
ゼ:ちなみに2位は焼肉。3位は焼鳥。4位はラーメン
ト:2位から急に男らしくなった
ゼ:ちなみに、1位のたい焼きは2位の焼肉に50ポイントの差をつけてるからね。以下は接戦だけど
ト:ポイント制は知らねっスけど、なんでそんなにたい焼きが好きなんスか?
ゼ:どこ行ってもどんな体調の時でも美味しいから。オールラウンダー
ト:オールラウンダーって…てか、お菓子じゃないスか
ゼ:馬鹿だなぁ。あんこがご飯でクリームがおかずだよ
ト:その発言のほうが馬鹿ですよ
ゼ:ほら、俺の体って、あんことクリームで作られてるじゃん?
ト:また可愛子ぶってるし。いちいちメルヘンはいいんスよ
ゼ:トッツ君は何が好きなの?
ト:俺は白菜っス
ゼ:え?何?何が?え?素材味?生で食べるの?え?トッツ君て幼虫だったの?
ト:いや、鍋の白菜とか
ゼ:トッツ君の家、お鍋は白菜しか入ってなかったの?あ、ごめん…辛かったら言わなくていいよ…ごめんね…無理に思い出さなくていいから…
ト:なんでちょっと気遣ってんスか。肉とかマロニーとか入ってたっスよ
ゼ:え?肉とかマロニーは嫌いで、白菜だけが好きなの?
ト:肉もマロニーもつみれも好きっスよ
ゼ:じゃぁ鍋でいいじゃん
ト:白菜が一番好きなんスよ
ゼ:え?なんで?あ、わかった
ト:なんスか?
ゼ:大家族で兄弟がいっぱいいて、トッツ君は末っ子だったんだ?お兄ちゃんお姉ちゃんが先に肉とか全部食べちゃうし、それで?
ト:それでじゃないスよ。白菜好きはダメなんスか?
ゼ:いいんだけどさ…他人の好物は理解不明だね
ト:たい焼きに言われたくねっスよ

 

-ノンジャンル
-, , , ,