幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

アストラジルド~亡国を継ぐ者~カーネット王国編 第1話 王子と王女 (1)

   2016年8月16日  

 
「叔父に対して、何とも寂しい挨拶ですね、殿下」
「…兄様、お立ちに」

 ついに傍へ来た叔父様を見て、私はルイスに声をかけた。このままの状態で話をするなんて、あまりにも無礼だ。
 私の不安そうな目を見て、ルイスはようやく立ち上がった。そして、私のことも立たせると、ドレスに付いていた木の葉を手で払い落してくれた。そんな私達を見て、叔父様は鼻で笑う。

「仲睦まじいようで何よりですが、これではまるで、『王子が姫に仕えている』ようだ」

 その言葉に、私は目を見開いた。その言葉は、ルイスに対する礼儀を欠いている。

「お言葉が過ぎます、叔父様。私が殿下にお仕えしているのです」
「これはこれは…失礼致しました、姫様」

 叔父様は時々こうしてルイスに対して、嫌味な言葉を言う。未だに笑ったままそう答える叔父様に、私は続けた。

「レンカイズ王子はこの国の第一王子。王女の私が殿下にお仕えすることの何がおかしいのですか?」
「王女――――」

 ルイスは私にそう声をかけた。

 ……私が余計なことを言ったせいで、怒らせてしまったのだろうか。そう思った私の前にルイスは立つと、その場に『膝を突いた』。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品