幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

幸せな私の世界

   

少しいつもと彩りの違う、温かいお話を送ります。

彼女の気持ちを、どうか感じて下さい。

 

 今日は朝から、雪が降りそうなくらいに寒かったので大変でした。
 道端の水溜りは凍っていて、友達のさと子は学校に来る時に、盛大に転んでしまったそうです。
 それはもうスカートも捲れてしまうくらいの豪快さだったそうで、ブルマを履いていなければパンツが全開になってしまったに違いない、と嘆いていました。
 その場に居合わせなかった事が悔やまれます。
 惜しい事をしました。
 ですが後悔しても仕方がありません。
 とはいえ、せっかくなので、私は学級日誌の天気欄に『さと子のスカートが全開になるほどの寒さ』と書いておきました。

「起立、礼」
 ええと。
 五時間目。
 今日の授業が終わりました。
 先生が挨拶をして、教室の中がざわつき始めます。
 ストーブの上に置かれたやかんのお湯が、しゅんしゅんと湯気を出していました。
「っくしゅっ」
 昨日までは我慢できるくらいの寒さだったのですが、今日になっていきなり冷え込んでしまいました。さすが冬です。
 ですがこれでは風邪を引いてしまいます。
 そういえば生徒の数が減っていますが、先生の見立てでは風邪ではなくズル休みだそうです。
 ズル休みは、ズルいと思います。
 でももう一月の真冬ですから、この次は春です。
 そう考えると、少しでもこの冬を感じておくべきではないのでしょうか。
 そんな事を思いました。
 私はこの寒い中でもズル休みされない先生に、少しだけ丁寧にお辞儀しておきました。

 大半の生徒は、ここで帰宅されていきます。
 でも私はというと、授業が終わるとすぐに部室へ向かいます。
 もちろん、部活があるからです。
 教室よりも部室はストーブがないのでもっと寒いのですが、こっそりカイロをポケットに忍ばせているのでへっちゃらです。
 ……でも外はやっぱり寒いので、へっちゃらなのは少し嘘です。
 私は駆け足で、校舎から離れた場所にある部室に向かって行きます。
「あれ?」
 二分ほどで到着しましたが、いつもなら部室に居るはずの先輩たちが、一人として部室に居ませんでした。
 どうしてだろうと考えながら、私は部室の鍵を持っていないので、扉の前で待っていました。待っていました。待っています。
 待ち飽きました。
 十分ほど待っても、誰も来ません。お姉ちゃんに相談しようにも、今頃は仕事の真っ最中なのできっと返事は貰えません。
 困りました。
 少し考えてから、先輩たちの教室へ行こうと考えました。ですが、上級生の教室へ出向くのはちょっと抵抗がありました。
 なので、職員室に行く事にしました。
 今度も早足で走っていると、水溜りの氷を見つけました。いつもならちゃんと踏み割っておく私も、今日ばかりは、さと子の事件の事が頭にあったので止めました。

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品