幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

第七話 三流先生、ツイスターをやる!

   2016年8月24日  

色んなライティング案件に挑戦した三流先生だったが、ひとつ悩みがあった。
それは、どれもウェブで完結する仕事なので、孤独であるということだ。
そこでツイスターというSNSを先生は始める。
さて、ツイスターでフォロワーたちは集まるだろうか!?
三流仲間たちは、ツイスターを通して三流先生にある提案をするが……。

 

 三流先生は三流の道に生きる作家であるが、ここのところ孤軍奮闘をしていた。
 ウェブライター、幻覚文庫作家、電子書籍作家、ゲームマスターといった仕事は、どれもウェブだけで完結する仕事であり、なかなか他のライターや作家などとの交流がない。
 また、風俗ライターにしても、「サード・メイデン」の取材記事を一回書いたきりで、以後、仕事を振ってもらえることがなかった。(風の噂では、出版元の経営が赤字とかで、なかなか新人にまで仕事が回らないらしい)

 そこで先生、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を使ってみることにした。
 今、流行りの「ツイスター」というやつをやってみることした。

「ツイスター」とは、140文字の情報を自分のアカウントを通じて、同じSNS内に流せるサービスである。フォロー機能もあり、自分が気になる人をフォローしたり、逆に自分がフォローされたりして、仲間を作っていくのも楽しみのひとつである。

 竜巻のアイコンがトレードマークであり、竜巻=ツイスターみたいに、一言つぶやけば、瞬時にあらゆる場所で風=情報が拡散する、という意味である。まるで、竜巻のような勢いで情報がぶっ飛ぶということらしい。
 しかもうれしいことに、誰でも無料で使えるとのこと。どうやらこの会社は、広告費で賄っている会社らしいので、利用者へサービスを無償で提供できるみたいだ。

(ふうむ……。これが、今、話題のツイスターってやつかあ……!! さて、アカウント情報でも入力してさっそく始めてみよう! アカウント名は、「三流先生」で登録しよう!)

 登録時間に数分から十分程度かかり、先生、無事にアカウントをゲット!
 しかし、フォロワー数もフォロー数もゼロからのスタートだ。
 さて、知り合いを増やさなくては……。

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品