幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

幻異綺譚<3> 宇宙戦争

   

 H.G.ウェルズ、オーソン・ウェルズ、そしてジーン・バリーへのオマージュです。
 もう一人忘れていないか、ですって。
 あの人物は別。
 大体、彼は……。
 いや、止しましょう。
 言いたいことは山ほどあるのですが、幻異の世界に免じて、止めておきます。

 

《宇宙船司令室》:
「ボス、結果が出ました」
「どうだった?」
「主な惑星はたった9つ。貧相なものです」
「知的生物がいるのは?」
「ひとつだけ。彼らの用語では、恒星は太陽、彼らの惑星は地球、自分たちのことは人間と呼んでいます」
「その、人間とやらの知的水準はどうだ」
「ほとんど最低です」
「技術力は?」
「それも駄目ですね。惑星系間飛行すら出来ていません」
「強奪する価値のあるものは?」
「何もありません」
「つまらない惑星系だな。だからといって通り過ぎるのも、面白くない」
「やりますか?」
「ああ、人間どもをなぶり殺しにしよう」

 

-SF・ファンタジー・ホラー


コメントを残す

おすすめ作品