幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

お仕事です! 第1章:樋渡和馬VS住所不定無職-1

   

派遣コーディネーター、目指すはプチニート達の星!?
 
 

就職活動が上手く行かず、無職プチニートになりかけていた僕・樋渡和馬が見つけたのは、「派遣コーディネーター」という仕事だった。
面接される側だった僕が、面接する側になる……それだけでも刺激のある毎日だと思っていたけれど、面接希望でやってくる人々は十人十色・百戦錬磨の強者ばかり!?

これはそんな新人・コーディネーターの僕と、僕の教育係で通称「おてんとさん」こと天道凪子の仕事奮闘記である。
 

樋渡和馬、ニートたちの星になるべく奔走す! ついでに試用期間の二か月間も乗り切れ、和馬。

 

 

(2)

 

 そうやって自宅を送り出された僕は今、スーツ姿で会社の応接ブースに座っている。

 ピュアハート人材派遣会社はいわずとしれた「派遣会社」なので、この会社に派遣社員としての登録を希望する人を面談する為のスペースも、いくつか用意されている。
 登録希望者への面接は朝の九時半から行なっているそうなので、それ以前は割と自由に使えるらしい。また登録者がいない時間帯も比較的自由に使えるようで、
「お昼休みなんかは、そのブースで昼寝している子もいるのよ」
 僕が入社する際の面接を担当してくれた眼鏡の女性―――この会社の支店長である柊由美さんが、最終面接後に一度会った時にそう話してくれていたのを、ふと思い出した。

 昼寝スペースがある職場。まさに夢のような話だ。僕は「へえ」と答えながら、そんなことを思っていたなとあの時のことを思い出す。
 改めてそのブース入り、自分が今日から本当にここの社員になると実感する。
 僕も会社に慣れてきたら使わせてもらおうか―――僕はそんなことを考えていた。

 ―――そうこうしている内に、ブースの入口をコンコン、と誰かが叩く。僕が「はい」と返事をして立ち上がると、

「おはよう。今日からよろしくね」
 支店長が笑顔でブースに入って来てそう言った。僕が「よろしくお願いします!」と返事をし、入社に必要だといわれていた書類一式を支店長に手渡すと、

「今日から二ヶ月間は試用期間ということで、先輩社員の下について仕事を覚えてもらいます。分からないことは何でもその人に聞いて」
「はい!」
「あと、取引際にも同行して打ち合わせなんかも参加してもらうし、企業への受け入れやスタッフフォローも経験してもらうから。二ヶ月間、まずは頑張りましょう」
 支店長はそう言って、「じゃあ担当を呼んでくるわね」と一旦ブースを出て行った。
 

 ―――コーディネーターの仕事は、確かに取引企業と派遣登録者の間の橋渡しという役目がある。
 でもそれ以外にも、「時代は今こういう流れですので、こういう人材を採用してはどうか」と企業へ提案したり、就業が決まった登録者(スタッフ)の初日に企業に一緒に連れて行ったり、就業を始めて何か問題は無いか、困ったことはないかとスタッフの聞き取りやケアをしたり……と、色々な業務がある。
 入社が決まり、それまでの間に「コーディネーターとは」みたいな冊子を貰っていた僕は、一応それを熟読していた。
 企業への提案や受け入れはともかく、ろくに就職経験がない僕がスタッフのフォローなんてできるのか?
 若干その部分は不安に思ったけれど、それを口にして採用を取り消しにされてはたまらない。
 
 また、あのプチニート生活に戻るのか?
 毎日毎日ネトゲして現実逃避して、その後は何となく「これじゃダメだ」って気持ちになって求人誌や求人サイトを見ては応募して、結果中途半端な気持ちが見透かされて不採用の連絡を受けるあの生活に。
 同じ時期に大学を卒業した奴らがキラキラした表情で街を歩くのとすれ違うたびにモヤモヤする、あの生活に戻るのか?
 一生懸命仕事を探しているのに、「何もしないでダラダラして!」と親に小言を言われる、あの窮屈で苦しい生活に戻るのか?
 ―――そんなの、冗談じゃない!

 出来るか出来ないかは、実際に業務についてから判断すればいい。
 そう、だって僕はやっと手にしたのだから。望んで望んで、喉から手が出る程欲しかった「採用通知」というものを。
 たった四文字のタイトルが書かれたその紙は、僕にとっては天下無敵の証。そう、いわば時代劇に出てくる、泣く子も黙るあの有名な印籠と一緒。
 封筒を開けて紙を手にした瞬間こみ上げた涙を、僕は絶対に忘れないと決めたのだ!
 ……
 弱気は損気。僕は自分にそう言い聞かせ、今日を迎えたのだった。
 

 

-ハートフル
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品

モモヨ文具店 開店中<10> 〜モモヨさんと吟遊詩人〜

熱田の小さな奇蹟

沖の瀬 (2)

モモヨ文具店 開店中<11> 〜モモヨさんと幽霊少女〜

お仕事です! プロローグ:樋渡和馬、ニートたちの星になる

家元 第十部 危機を越えて

   2017/09/22

ノーベットノーペイ

   2017/09/22

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗のデート】3

   2017/09/22

ロボット育児日記26

   2017/09/21

怪盗プラチナ仮面 11

   2017/09/20