幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

三流先生、作家になる!3RD 第三話 三流先生、エロラノベの軍門に下る!

   

アホウドリノベルスに受かった三流先生。
エロラノベ業界の編集たちといよいよご対面だ。
先生、あなたはこれよりエロラノベの軍門に下るが、覚悟はいいか!?

 

 とうとう三流先生は、三流のエロラノベを完成させてしまった。
 徹夜で仕事をしたあの日の夜明け、ひと眠りした後、今度は推敲と校正に取り組んだのだ。
 やがて数時間の激闘の末、原稿は完全になった。

 実は先生、筆の速さにはかなりの自信があった。
 ウェブライティングから始まりエロゲーライティングまで到達した先生は、必然的に速さが求められる職場だったため、執筆速度がかなり上昇していた。
 また、これでも専業の文筆業者なので、スランプは許されないという厳しい環境も、今回はプラスに働いた。(=文章だけでごはんを食べているので、書けなくなると、ごはんが食べられなくなる)

 さてさて、御託はいいとして、今回の審査、どうなったのだろうか!?

 先生、アホウドリノベルスから、メールを頂いたようだ!

 

-ノンジャンル
-, , ,


コメントを残す

おすすめ作品