幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

同じ空と花火を見上げて《後編》

   

 誠は由美子を探すが会うことができずにいる。由美子に会った拓也と淳平は、そのことを伝える為に誠を探すが、三人はすれ違いばかり。
 芳子は、里美と誠の恋仲を取り持とうとするが、誠と由美子が会ってしまえば計画が台無しになってしまうと思い、二人を会わさぬ方法を考える。
 花火大会が始まるまでの時間、それぞれの子供達が、由美子に対して違う思いを抱いて動いていた。

 

 
 平成二年七月二八日(土)夕方
 

 由美子がここに来るはずだと、誠の考えは揺るぎなかった。
 空を眺めながら思い出すことがあった。それは、四年生の時に自分と拓也が原因で、由美子とクラスの女子が争いになった時のことだ。
 

 
 平成元年 四月二一日(金)
 

 掃除当番をさぼった誠と拓也は、買ったばかりでピカピカのゲームボーイを手に取りながら、アジトで話をしていた。
「今日の由美子、変だったよな」拓也が話す。
「そうだなぁ……」昼間の出来事を思い出しながら、誠も『ふぅ』と溜息を吐いた。
 それは、翌週、子ども会で行われる親子ドッジボール大会の話しをしている時だった。

「ニュース!ニュース!今度のドッジボール大会で親チームに勝ったら、夏休みの水元公園のキャンプ、海へ旅行に変わるらしいぞ!」もうすぐ昼休みが終わろうとしている頃、勢い良く教室に入ってきた淳平は教壇に立つと、大声で話す。
「マジかよ!絶対に勝とうぜ!」
「よっしゃぁあ、みんな、二四時間戦えますか!」拓也を中心に男子が盛り上がっている中、誠だけはさえない顔をしている。
「ムリだろ、由美子の父さんが来たら全員で束になっても敵わないよ」
「だよな、去年も由美子の父ちゃんに、皆やられちゃったもんな」
 さっきまで勢いの良かった淳平も、教壇に両手を付いて溜息を吐く。 
 由美子の父親は、誠や淳平の親達に比べると年齢も若く、実業団でバスケットボールをやっていたものだから、運動神経も飛び抜けている。スポーツのことになると相手が子供であろうが手を抜くことなく、いつも『子供のうちは、負けて悔しい思いをして大きくなれ』なんてスポーツマン精神みたいなことを押し付けてくるところがあった。
 こんな話をしていると、いつもの由美子は誇らしげな顔で割り込んでくるのだが、今日は何処か元気がない。
「お父さんなら来ないよ」皆が教壇の周りに集まる中、由美子は席に座ったままで、何だか寂しそうに話した。
「えっ、マジで、ラッキー!そしたらオレ達勝てるかもよ。拓也の父ちゃんなんかクソ弱いし。オバタリアンじゃなくて、オジタリアンじゃん!」誰がどう考えたって、由美子の言葉が意味深なことに気付くはずなのに、気付かないのが淳平の無神経な所。
「おまえ、人の親父の悪口言うなよ!」
 人の気持ちを考えずに周囲が無神経に騒ぐものだから、由美子も癇癪を起こすと、「うるさいわね!私のお父さんが来ないのが、そんなに嬉しいの!」と怒声を上げながら、机の上を両手で強く叩いた。
「由美子、そんな意味じゃないだろ」興奮している由美子を誠は宥める。
「何だよ、急に……父ちゃんが来れないからって、そんなに怒ることないだろ」
 デリカシーのない淳平の言葉を聞くと、由美子は逃げ出すように教室から出て行った。

 

-ノンジャンル
-, , , , ,

同じ空と花火を見上げて 第1話第2話

コメントを残す

おすすめ作品

南関東文科大学 タイムカプセル発掘隊 最終話 埋蔵された巨謀(20)

更年期パラダイス【6】

エリカの花言葉 第4話 アジサイ《冷酷》 4

ミスターステンレス

鐘が鳴る時 ■誓い-天麻皇女 1