幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

大切な人

   2016年11月18日  

 
私はアルバイトで貯めたお金を持って、一番簡単に童貞を卒業出来る場所、ソープランドに行きました。

「お客様、おまたせいたしました」

私は名前を呼ばれて廊下で女性に引合されました。
薄い生地の色っぽいドレスを着た女性で、「○○です。」と挨拶されましたが、名前なんか憶えていません。年齢はよく分りませんが30歳くらいだったと覚えています。

部屋に入ると、「○○です。」と改めてそれこそ三つ指をついて挨拶されましたが、私は緊張で足が震え、横のベッドに腰砕けのように座り込んでしまいました。

「初めてなの?」
「うん・・」

彼女は優しく笑うと、私を裸にしてくれました。

こういう場所ですから、裸になるのも恥ずかしくはありませんでしたが、緊張のあまり、ペニスは縮こまっていました。

それからは雑誌に書かれている通りです。

彼女も裸になって、私とお風呂に入り、ベッドでコンドームを付けてセックス。感動したか?ははは、童貞を卒業したというすっきり感だけです。

 

-ハートフル
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品