幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

ダストドール第9話VS平賀

   

世は再びプロレスブーム。

新タッグ王者となった凡内と細岡は、二度の防衛に成功する。そして、三度目防衛の前哨戦で、凡内は対戦相手の片名、平賀から何かを感じとる。

 

新タッグチャンピオンとなった凡内と細岡。プロレス関係者だけでなく、数多くのファンも、彼らが長期政権を築くのだと思っていた。

「僕と細岡はこのベルトを外に持ち出します。どの団体の誰の挑戦でも受けます。誰でも龍日本のリングに上がればいいし、他団体で強い奴を見つければ、こっちから噛みつきにいきます」

「うちの団体では、もう俺らを倒すどころか、まともにやりあえる奴もいないでしょうからね」

どの団体にも強いレスラー達がいて、全ての団体が賑わうべきである。凡内達はプロレス界の活性化を目論んでいた。

「僕は風にだって毒にだってなる。バトルモードの幕開けだ」

リングを血に染める恐怖の覆面レスラータッグ、アニメキャラクターギミックで子供に大人気のヒーロータッグ、凡内と細岡は、二つの団体でベルトを賭けたタイトルマッチに勝利し、見事防衛を果たした。彼らが他団体のレスラー相手にベルトを賭けることで、互いのリングで他団体との対決カードが組まれ、一つのリングに両方のファンが集まっていた。

「軽沢君、なんか…急に身体が大きくなったね」

ある日、凡内が軽沢に言った。他団体のレスラーと戦うことで闘志を燃やし練習に励む。様々なレスラーと戦うことが大きな経験となる。軽沢を含め、多くのレスラー達が新しい風を受けて大きく成長していた。

「今度の前哨戦は6人タッグマッチみたいだし、また軽沢君と組んで戦うのが楽しみだよ」

 

-ノンジャンル


コメントを残す

おすすめ作品

不思議なオカルト研究部 第三話 酒場の守り神 前編

隠し棒

スイセイバナ

サンタカード

“後”と“先”