幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season16-12

   

 アトラの母親の死の真相をしったことで戦意喪失を狙った探偵たちだった。

 だが、銃口は氷室をとらえていた。唐突に脱力感に浸っていたアトラの様子が変化した。

 目の色まで変色していく。妖艶を放つような紫色の瞳に染まり、その畏怖たる存在に震えあがった。

 大地の危機回避もかつてないほど感じとった。アトラはまちがいなく引き金を引く。

 その銃口を母の仇でもある大池議員にむけようとしている。そのまえに邪魔な目の前にいる人間を排除しようと銃口をむけている。

 わかっていたことだが、アトラと浅野との関係性を考えると真の黒幕の輪郭がはっきりと見えていた。

 大池議員ではなく、もうひとつの裏部隊が存在している。フィクサーが指揮っているが日本の暴力団組織、金で雇われているが大池議員があらかた揉み消してきた災いの数々。

 手を汚してきたのはアトラだった。

 三者同盟の安定したバランスがここまで浅野会を大きくひろげてきた証拠でもある。

 裏部隊の黒ずくめの裏信者に取り囲まれ、レーザー銃を握りしめ素人相手に銃口をむけて脅している。

 絶体絶命の危機は御影たちを追い込んだ。が、まさかここで誰も予想だにしなかった奇跡が起きるとは…。
 

 ついにクライマックス。

 

 アトラの母親が自殺したのは、ローマ教から迫害にあったからだ。

 信じていたところ夫が浮気をして大げんか。母はローマ教の信頼していた教祖に、そのくらい勘弁してやりなさい、と相手にされなかった。

 神も仏もない、裏切られて自殺の道を選んだ。これにはアトラも驚愕だった。

 自分が信じていた神の使徒たちに裏切られるなんて、ありえない。信者としての覇気を失った。

 しかし、そこには目立っていなかったが大池もまたローマ教信者になっていた時期があった。

 夫婦喧嘩になった原因はなにか。

 大池はそれをつぶやいていた。ツイッターを使っていた。現在は削除しているようだが、記者がそのコメントを保存して2チャンネルに貼り付けていた。

 いまではもう埋もれてしまったいくつものゴミのようだが、雲田は最下層まで潜り、そのページを掴んだのだ。

「おまえの両親がなぜ喧嘩をしたか、それは最初に浮気をしたのが母親だったからだ」

「なに?」アトラはそれは心外といえる。優しく思いやりのある母親がそんな不埒な真似はしない。

「でたらめを…」

「証拠もある。これが大池議員がローマの地で逗留していたツイッターのつぶやいた言葉と写真だ」

 7年も前の大池議員とアトラの母親、キスしている自撮り。ホテルでの破廉恥な姿で笑ってハシャグ姿が写っていた。

 たしかにそれは浮気現場を載せたものだ。

「マジかー」川上は少し情が移った。「これってリベンジポルノってやつじゃん」

「幸せな家庭を崩壊するのが、異国の地での目的だったようだな大池議員め」火守がいった。

「えげつない男ね」水桐と大地も姿を現した。すっかりいつものふたりの私服姿になっていた。

 森谷が気色悪くウインクして答えた。

「それで日本にもどってきて政治家になったわけか、大池議員は…」スタッフのだれかがいった。

「そういうことだ。アトラ、きみが愛する母親はとても愛情に根深い女だったわけだ。父親の愛が薄らいでいた。素っ気ない態度に嫌気をさしていた。その寂しさを息子に埋められるわけない。おまえさんが眠ったあとに、家を出て密会していた。それがその写真の数々だ」雲田はダメ押しに言い放った。

 これでアトラの戦意喪失になれば決着だ。もうすぐ警察も来る。引き渡して、いつもの日常がくるだろう。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
-, , ,


コメントを残す

おすすめ作品