SF・ファンタジー・ホラー

アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編 第12話「泣かない強さ」

   

泣かない強さを知ったエリザに、微笑みかけてくれる人々の優しさ。

「寂しいんです。諦められてしまうのも、全部」

『アストラジルド~亡国を継ぐ者~アグランド編』
【毎週更新】

新章 第12話「泣かない強さ」

 

 
 私は、城から出て、そして初めて民と心を通わせた。『生きる』ことがとても難しく、辛くて仕方がないということを知ったのだ。
 そんな私だからこそ、聞くべきだ。あの日国民達が、落ちる城を見て、何を思っていたのかを――――。

「あなた達は、何もわからないまま巻き込まれて、奪われた。きっと、たくさん怖い思いをして…不安な夜を過ごしたのでしょう」
「…………」
「のうのうと行方を眩ませた…王子と姫を…恨まないわけがない…」

 ぐ、っと涙が溢れるのを堪えた。膝の上に置いた拳が震える。

「……恨まれていて……当然だ」

 私の言葉は、私自身に向けられたもの。兄の背に隠れて生きてきた、私に向けた言葉なのだ。

 ――――民のことを考えることもせず、兄のことばかりに気を取られていた私。恨むどころか、刃を向けられてもおかしくはない。

「私達もね、王子殿下と王女殿下のお噂は聞いていたの」
「…両殿下は…国王陛下のご長男、ベルモンド殿下が失踪されて以降、陛下とはお住まいを離された、お可哀想な方々
「!」

 そう口にした彼女達の瞳には、うっすらと涙が浮かんでいる。
 彼女達の瞳には、見覚えがあった。スウェナも、私のことをそんな眼差しで見つめていたから。まるで、『何かに気づいている』。けれど、『それが何かはわからない』。そう言いたげな視線だ。

「――――きっとね、心の底からあの方達を恨んでいる者なんて……カーネット王国の国民の中には、誰一人として存在しないのよ」
「え……」

 思いもかけないナナの言葉に、私は目を見開いた。そんな私に、マーロンまでもが頷きかける。

「……――――私も、あのお方達の選択が間違っていたとは思えないわ」
「…………」

 マーロンの強い口調には、迷いがなかった。だからこそ、私は何も言えなかったのだ。

 私は、私の選択が間違っていなかったとは思えない。もっと最善の道が――――皆が助かる道があったはずなのだ。

 私の情けなく、さ迷った視線は、長い時間をかけてようやく一ヶ所に落ち着いた。そこで、ナナが口を開く。

「……エリザちゃん。あなたもきっと、間違えたと思ったことがあるのでしょう?」
「…! ……はい」
「でもそれが本当に間違っていたのかなんて、誰にもわからない」

 私の中にはなかったその答えに、胸が疼いた。彼女の言葉はとても重く、それでいて優しい。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, , , ,

透明の世界 6話「腐りかけの救済」

   2017/06/28

見習い探偵と呼ばないで! Season20-6

   2017/06/28

ロボット育児日記10

   2017/06/27

寝悪魔は良い夢を見せる(下)

   2017/06/27

見習い探偵と呼ばないで! Season20-5

   2017/06/26