幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ノンジャンル

甘酸っぱい思い出

   

夜中に、ふと、あの甘酸っぱい初恋のことを思い出すことって、ないですか?

頭に浮かぶ映像はカラーですか?モノクロですか?

彼女の声は今も聞こえますか?

私の話、バカなオヤジの初恋談義ですが、コーヒーでも飲みならが、まあ、しばらくお付き合いください。

 

 
甘酸っぱい思い出
 

あの甘酸っぱい初恋のことを、ふと、夜中に思い出すことって、ないですか?

一人で思い出し笑いをしたり、あんなこと言っちゃってと赤面したり、あるいは、胸をかきむしるように「やり直させてくれよ!」と叫びたくなることって、ありますよね。

「甘酸っぱい」って、とても上手い表現だけど、本当に甘酸っぱいのかな?

それと、頭に浮かぶ映像はカラーですか?モノクロですか?

私の場合、カラーもありますが、モノクロが多く、なぜか、映像はボケるんですよ。

声は聞こえるような、聞こえないような、はっきりしませんが、言葉だけは、頭の中で美化されたり、磨かれたりするから、よく覚えているんですよ。

昔々の話ですが、オヤジの初恋談義に、コーヒーでも飲みならが、まあ、しばらくお付き合いください。

 

-ノンジャンル
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品