幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記5

   

 無実の罪のまま投獄された主人公“桜木霞”であったが、そこに現れたのは金髪美女“柏木警部”。
 果たして桜木は無罪を勝ち取り、無事ウサ子と再会出来るのか!?
 SFラブコメディ!!

 

 スコーン! という軽い音と共に、頭に走る鈍い痛みによって俺は現実世界に引き戻された。
 無機質なひんやりとした空間の中、金髪美女がしゃがみながら俺の顔を渋い表情で見つめていた。
 その後に、若い男が驚いた表情で立っている。
「あんた、こんな状態でよくうたた寝出来るわね。感心するわ」
 と、金髪美女に言われた気がする。どうやら俺はあの後寝てしまったらしい。ぼんやり眠気眼を擦り、記憶を戻そうと努力する。
 警察にウサ子を届けに来て、ウサ子を取られて、牢屋に入れられて……で、その後暫く「助けてー」と叫んでいたものの、誰もいなくて……気付いたら疲れて寝て今に至ると。
「あ! ウサ子。ウサ子は? ウサ子は無事なんですか?」
 考えるより、先に声に出ていた。
 美女は顔をしかめた。
「はあ? ウサ子って何? 第一、子供を誘拐したのは、あんたでしょ。なんで私が誘拐したみたいになってんの」
 なるほど。俺は例の誘拐犯と間違われてるって訳か……。って、おいおい!
「俺じゃないです。第一、ニュースで聞いた内容しか知らないけど、俺アリバイあるし、それにタクシーの中で犯人が逃走してるってニュース観てたし」
 美女は、手に持っていた赤いヒールを履いた。どうやら、始まりの鈍い痛みは、ヒールで殴り起こされた痛みだったらしい。容赦ねえな。
「実行犯では、ないでしょうね。犯人は、警察顔負けの超超超最先端の科学技術を持って逃走してたわ。時空と磁場を歪めて瞬間移動するワープは、あんたも知ってるでしょうが今じゃ当たり前の技術よ。けど、事故を防ぐ意味でも今の技術が追いついていない事実も含めて、時空のトンネルを関知するレーダーで全ての出入り口は拾えるようになってる。もし、犯人が通常のそれを使って逃走するとすれば、少なくとも犯人が逃げ込む30秒前には時空の歪みが関知出来るはずなの。それに合わせて出口も開くから、結果出口はもっと早くにわかるし、事前に押さえ込むことができる」
 現代では常識的な話であるが、美女は確認するかのように丁寧に説明してくれた。
「で、それが俺とどう関係してくると?」
 美女の眉が、不快にピクリと動いた。
「最後まで素っとぼける気かしら」
「いえ、そういう訳では……」
「まあいいわ。犯人は、時空トンネルの入り口を瞬時に開き、出口を移動中に開いたの。だから、いつワープが始まるかもわからなかったし、いつ何処に出てくるかさえもわからなかった。こんな技術聞いたこともないし、上に確認してもみたけど、未知の技術だと返って来たわ。まず、時空間の中、すなわち時空と磁場の中で機械を操る事はおろか、犯人がロボットだとしたら長時間滞在する事など不可能よ。今の技術では、繊細な機械は耐えられないから。消去法だけどね、犯人は人間で2人以上は存在すると考えられる訳よ。どう?」
 美女はドヤ顔だった。
「どうと言われても、俺知らんし」
「実行犯が逃走するルートの決定も、時空間の操作も、あんたがやってたんでしょ!」
 俺は、瞬時に全否定した。
「待ってくださいよ。もし、仮にそうだとしたら、何で大事な証拠にもなるような子供連れて、のこのこ敵陣に乗り込まないかんのですか!」
「子供が誘拐された子だって、認めたわね!」
「いやいやいやいや! そうじゃなくて、俺は犯人の行動じゃないでしょって言いたいんです!!」
「そんなの、自分が怪しまれない為の行動でしょ。まあ良いわ。どうしても口を割らないのであれば、こちらにも考えがある」
 美女は立ち上がると、牢屋を出て再び鍵を掛けた。
「ちょっと! 俺は無実なんですって!!」
 俺の叫びも虚しく、ヒールの足音と共に美女は闇の中へ消えていった。
 多分、まだ昼間だろうけど、ここ暗いから。
 考えがあるって言ってたけど、何する気だろうか。カツ丼くらい出してくれたらちょっと嬉しいけど、それは多分無理だろな。水張った洗面器に、顔を沈められるくらい覚悟しておいた方がいいだろうか。怖いな。
 ウサ子、ウサ子は無事だろうか。仮にも警察なんだから、無事であると信じたい。もしかしたらだけど、親が来ててウサ子は無事親元に帰れてるかもしれないしな。それくらい、見届けたかったな。
 ふと、ポケットに携帯電話の感触があるのを思い出した。緊急的に引きずられて、そのまま牢にぶち込まれたから、持ち物回収はされてなかったようだ。もし俺が武器持ってたらどうするんだ、間抜けな警察だな。と一瞬思ったものの、よくよく考えてもみれば、相手はロボットなので直ぐに気付いていただろう。ここで間抜けなのは俺一人である。
 こんなに人畜無害なのに。
 そう思いながら、せめて圭介に助けをこおうと携帯を取り出して画面を見るも、圏外だった。
 やはり、俺は間抜けである。もし電波があったら、回収されてるっつーの!
 何もかもが嫌になって床に寝っ転がるが、コンクリートの床は痛くて固くて冷たくて。なんかもう、泣きそう。泣いていいかな、マジで。
 いつまで、ここに居たらいいんだろう。
 
 

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品