幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記8

   

「保護幼女について、柏木警部から伺っております。もし、桜木さんが幼女についてご質問された場合、場合によっては面会させるようにと」
 ウサ子に会える! 心弾む桜木霞であったが、無事再会出来るのか!?
 SFラブコメディ!!

 

 柏木警部は、立ち上げた電子手帳の内容を読み上げた。
「人間で言う推定年齢3歳の幼女型ロボット。記録データが85%欠落。製造から半年は経過していると思われる。未確認最新型ロボットのため、詳細は不明。記憶や機密データに高度なセキュリティロック確認。現在、身元確認のため、欠落データの復旧作業と、セキュリティロック解除作業中。これが、現在の状況よ」
 柏木警部は、電子手帳を鞄に戻した。
「で、私なりにも調べてみたわ。誘拐の届け出もなければ、捜索願いも出ていない。製造記録も見つからなかった。そこで、町中の事件も調べてる。今のところ幼女が関わっていそうな事件の一つもないわ」
 俺は、ぽかんとした。
「でも、あの子は誘拐されたのですよね?」
「私も不思議に思ったの。誘拐されたのなら、その確認ができるはずって。確認もしないのに、誘拐やら共犯やらって言えないでしょ。何らかの形で、敵か味方の区別は必要。けどね、その誘拐の事実ですら、あやしいものだったの。幼女は誘拐されてないのかもしれない」
「え? 犯人が……子連れで強盗ってするもんですか?」
 柏木警部は笑った。
「そりゃ傑作だわ! コメディだわ」
「柏木警部……」
「でも、それも強ち否定出来ないのよ。で、誘拐だって最初に言い出した奴がわからない。私は部下から聞いて、部下は情報部から聞いて、情報部の誰が確認して、そう報告したのかがわからなかった」
 俺の頭はいっぱいだった。
「すみません、そろそろリハビリに……」
 ナースが気まずそうに声を掛けて来たのを合図に、柏木警部は立ち上がった。
「これは、私自身も引っかかるのよね。私も動いてみるつもりでいるの」
「あの、ウサ……幼女は、今どうしてるんですか?」
 柏木警部が、顔を傾げた。
「だから、作業中だって」
 俺の頭に、配線で繋がれて無理矢理眠らされ、数人の男に囲まれているウサ子の姿が浮かんだ。
「そんな! モルモットじゃあるまいし」
 柏木警部が、顔を不快に歪めた。
「何想像してんの?」
「だって、作業中って! ロボットで幼児だって……人権ぐらいあるでしょう」
 彼女の口から生まれたのは失笑。
「ウサ子、だっけ。この病院で元気に生活してるわよ。あんたの何倍も楽しそうにね」
 きょとんとする俺を置いて、柏木警部は去っていった。小気味良く、赤いハイヒールを鳴らしながら。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,