幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記9

   

「ウサ子ちゃんのプログラムには、高度なセキュリティが掛かっていて、正直私達には手が追えません。そのプログラムに、どうやら桜木さんが父親だとインプットされているようなのですが……何か思い当たる部分はございませんか?」
 ウサ子を心配するあまり、すっかり情が宿ってしまった桜木霞に、リアルパパだと衝撃的な事実が告げられる。
 SFラブコメディ!!

 

 ウサ子が居るらしい病棟は、俺が入院している病棟から少し遠かった。
 途中オートウォークがいくつもあり、ベルトコンベアのように運ばれている時は楽だったのだが、歩いて移動しなければならない部分もあり、今の俺には体力的にきついながらも、運動としは良いのかもしれない。
 病棟は5つ程あって、一番端同士が俺とウサ子の病棟だった。で、俺は地下だけどウサ子は最上階。
 ナースの案内が、奥の病棟の最上階の自動ドアの前で止まった。
「この向こうに居ます。このフロアは、児童の遊び場兼学び場所となっていて、寝るときと検査の時以外は、大抵ここに居ると思います」
 ナースが扉横のボタンを押すと、扉が開いた。暗証番号を入力したらしい。
 フロアにはウサ子と同じくらいの子供が何十人も居て、想像以上に広かった。
 床には玩具も転がっているし、奥は擦りガラスになっているものの、その向こうが勉強部屋のようになっているのがわかる。
「ウサ子は、今ここに?」
「はい、私はそう聞いています。先程、検査が終わったと聞いていますから。専属のナースとカウンセラーを呼んで来ますので、今暫くお待ちください」
 ナースは1人、フロアを出て行った。
 ウサ子がここにいるなら、待っている間に探せばいいと思い、俺はフロアをうろうろした。
 5分くらい探したところで、ウサ子を見つけた。彼女は大きなウサギのぬいぐるみを抱きしめていて、相変わらず耳にはあの白いウサ耳のような髪飾りを付けていた。あの頃より小綺麗になっているような気がした。
「ウサ子」
 俺が呼ぶと、彼女はきょとんとした目でこちらを見て、直ぐに満面の笑みでウサギのぬいぐるみと共に抱きついてきた。
「ぱぅぱぁー!」
 まだ上手く言葉が話せないから、知った男は皆パパなんだろう。結婚もしてないし、まだ若いんだけど……ウサ子になら、悪くない。寧ろ、ちょっと嬉しい。
「ウサ子、ちゃんと覚えてくれてたんだね。心配したぞ、元気してた?」
「ぱぅぱぁ! ぱぅぱぁ!」
 よっぽど嬉しいのか、俺の服に顔をすりすりして離れない。可愛すぎる。俺も離れたくない。
 と、感動の再会を楽しんでいると、先程のナースに連れられて、専属ナースらしき女性とカウンセラーらしき女性が俺に声を掛けた。
「はじめまして、桜木さん。彼女の専属ナースのサライです」
「はじめまして、こんにちは」
「はじめまして。私は教育カウンセラーのマリラーです」
「どうも、はじめまして」
「こちらにどうぞ」
 2人から自己紹介され、場所を変えるように言われたのでウサ子を離そうとしたのだが、ウサ子は嫌がって俺から離れない。いやいやと泣きそうになった。
「あ、桜木さん。彼女を抱いたままで結構ですよ」
「あ、そうですか」
 俺は、べそかくウサ子を抱いたまま、案内されるがまま、フロアを出た。
 フロアの外に出て、右に曲がった奥の部屋に案内された。そこにはソファとテーブルがあって、ちょっとした応接室のようになっていた。ソファに腰掛けると、タイミング良く別のナースがコーヒーとウサ子用のオレンジジュースも持ってきた。
「桜木さんには、色々お話せねばならない事が多かったので、こちらに移動して頂きました。どうぞ、ご遠慮なくお飲みくださいね」
「あ、はい。ありがとうございます」

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,