幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ハートフル

モモヨ文具店 開店中<30> 〜三者三様〜

   

今回は、電話でつながるお話。
綾乃さんからわたし、モモヨへ。ユージから綾乃さんへ。そしてタカからユージへ。リレーのようにつながる話は、一見脈絡がないけれど、実は、それぞれの事情を抱えているもの。それが今回のお話。
『三者三様』へどうぞいらっしゃい!

 

 
「はい……はい、申し訳ありません。……はい、納期はまだ決まっていないんです。個人企業ですので、なかなか生産が追いつかず。はい、まことに申し訳ありません」
 東京都内の職人さんが多く暮らす下町。その一角にあるロケットプラネットの電話がひっきりなしに鳴るのを、ユージさんは片っ端から受け取って、カッティングマシーンをひゅいひゅい動かして、最大限の速さで、びゅんびゅん最高の商品を作っている綾乃さんの邪魔をしないようにしていた。
 新作展示会一週間後の、月曜日のことだった。
 

 モモヨさんがロケットプラネットで流した切り子ペンケースは、会場中に構築されたネットワークを駆け巡って、ロケットプラネット前に――つまり、入り口に人混みを作り出し、見えない、押すな、痛いとぶうぶう文句を言う人のなか、即売り切れた。株式会社と銘打っているが、もとより個人企業で、実働は綾乃さんとユージさんのふたりきりだし、作るのは綾乃さん一人だ。今回の新作展示会にも事前準備は大小×各5の百ロット――千個しか用意していなかった。綾乃さんは自作に大きな自信があるタイプではなく、店のホームページにあげるだけで、積極的に売る努力もしていなかった。売れればいいかぁなどと、のんきなことを考えていたので、見かねたユージさんが新作展示会に申し込んだときも、「売れませんよぉ」などといって笑っていたくらいだったので、いざ売れて各業者から商談となると、早々にギブアップした。そこをフォローするのが、ユージさんで、綾乃さんの能力値を的確にはかり、商談にこぎ着けても納品はすぐには無理、などばっさっばっさと捌いていった。
 壁の柱時計が、きんころ音楽を奏でだし、ああ、昼かとユージさんは肩で息をついた。磨りガラスを午後のきつい日差しが打っている。エアコンと、カッティングマシーン横の集塵機がカラカラ、ごうごういっている。机の上には綾乃さんがチェックする予定の契約書が山積みで展示会があった先週の日曜から手がつけられていない。先週まで空っぽだった机は、プリンターからはき出された膨大な契約書やら、ふたりで試算した制作費概算、制作にかかる時間の算出表、材料となる二重層の透明クリアペンケースの発注書エトセトラエトセトラが並んでいて、ユージさんにも手がつけられなかった。
 深夜のプリンターのインク切れを期に、ふたりは我に返り、「ともかく作らなきゃ!」の綾乃さんの悲壮な一言で、さっそく製作に取りかかった。それが一週間前。ユージさんは取り次ぎに、綾乃さんは制作に取りかかりきりになっている。
 一息ついて今までの怒濤がずるりと抜けていくと、腹の減りがよけいにわびしい。道に面したロケットプラネットの前を、弁当を持ってこなかった職人たちが、定食屋へと向かう足音と雑多なしゃべりが通り過ぎていく。
「阿部さん、お昼にしよう。俺、【三つ葉】で定食頼むけど、なにがいい?」
 業務用の間仕切りで区切られた作業部屋をのぞき込むと、キュインというひときわ高いカッター音が響いた。続いて、キュキュキュキュと始まる。目の色を変えて、というよりは、どこか放心したような遠くを見る目つきで、けれど、手は正確に受注した切り子ペンケースをひとつ、またひとつと作っている。いつものことだった。綾乃さんは没頭すると周りがなんにも見えなくなる。息抜きという言葉を知らない彼女は、ぶっ倒れるまで作品作りを続けるので、ユージさんはそれを引き留める役も負っていた。借金返済が遅れたのも、この没頭癖が主原因で、そうでなければ、とっくに返し終わっていた。
 だが、ユージさんは、この没頭癖こそが彼女の最大の魅力だと感じている。銀行の上司には、彼女の性格を説明し、出向という形のユージさんがある程度までいったらセーブするという対策案を提案して、了解をもらっている。確実に、取りっぱぐれないようにが融資(回収担当)課のユージさんのモットーであり、そのためなら、上司に頭を下げるくらいわけなかった。上司もユージさんの仕事ぶりを見越しているから、簡単にオッケーが出る。ユージさんは、ふたつの顔を綺麗に使い分けていた。
「肉豆腐二つにするよー!」 
 聞こえないとわかりつつも、【三つ葉】で肉豆腐定食を二つ注文した。
 

 

-ハートフル
-, , , , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

お仕事です! 第1章:樋渡和馬VS住所不定無職-2

お仕事です! 第1章:樋渡和馬VS住所不定無職-3

モモヨ文具店 開店中<21> 〜直くんと出奔〜

沖の瀬 (5)

家家族の肖像(5)~青春篇~

怪盗プラチナ仮面 11

   2017/09/20

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗のデート】2

   2017/09/20

ロボット育児日記25

   2017/09/19

モモヨ文具店 開店中<33> ~日付スタンプを使っての琉華の覚え書き~

   2017/09/15

ロボット育児日記24

   2017/09/14