幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで! Season20-16

   

 倉庫内に侵入する複数の黒い影。それは総理奪還のために取り囲む警官隊だった。

 政木警部ら、御影、火守も同行していた。

 総理が捕らわれているところに突撃した。一斉にばらけて犯人たちは逃げた。警官たちは後を追う。

 政木警部は安賀里総理に近寄り話を伺う。そのとき政木はあることに気づいた。

 見つめあう二人の雰囲気は初対面ではない様子が伺えた。
 
 

 御影と火守は先回りして逃走の行く手を阻んだ。狙いは当たった。そこに御影たちのかつての仲間の三人と対峙した。

 地下下水道へと逃げるルートを先回りして御影は一人攻防する。

 ついに探偵同士の戦いがはじまる。

 

 三日月が闇に浮かぶ夜空、地上を照らす光はとても淡く、暗躍を企てるにはもってこいの夜だろう。

 都内にある倉庫街とでもいうのか、今は使われていない一角でその暗躍が進行している。

 所有者を調べると小宮山議員が以前にどういうわけかこの倉庫を借りていた。なにを目的にするかは一目瞭然。この日のためだろう。数週間前から事務所移転や備品類の置き場として、もっともそれは建前として都合をつけた。政治家がこんな倉庫を借りるわけがない。

 なら理由はひとつ。なにかよからぬ企てをするためだ。

 闇の中を点々と動きまわる影。今夜の暗躍を防ぐためにきた者たちだった。

 扉をぶち破るような衝撃音に、本山方面本部長ほか雲田や田場らは警戒心を高めた。

「なんだ!」

 慌てふためくのは黒のスーツに身を包む男二人に女が一人。

「警官か…」カメラマンの木島がいった。

「おいおいおい、どういうこった、なぜここがバレたんだ?」記者の松川が身じろいだ。

 ほかの者たちは全員が闖入者を睨みつけていた。

「動くな、貴様らは完全に包囲されている。建物の外にも警官隊で取り囲んでいる。逃げることはかなわない。おとなしくそこにいる人物から離れて両手をあげろ」

 伯田警部補が拡張スピーカーを向けて呼びかけた。だだっ広い空間に反響してしまい、必要以上に耳を傷めるほどうるさかった。

「やかましい、音量さげろ!」さすがに政木警部は耐えがたいようだった。

 警官隊が突撃し横一列に並びシールドに全身武装して総理奪還の職務を果たす。それは命懸けかもしれない。警官隊はかつてないほどの緊迫感に身を震わせていた。

 もしこれで総理が死にでもしたら免職だろう。その中に身分も立場も関係のない者がふたり紛れ込んでいた。

「全員いる、雲田、森谷、川上…、あいつら…、あぁ、総理もまだ無事のようだ」火守は総理の身動きしている姿を見て安堵した。

「でも、人質にされて逃げるかもしれない」御影はこの建物の構造を把握しようと侵入してくるときに館内マップを頭にたたきこんでいた。「この部屋からでるには後方の出口だけだ。やつらが次に出る行動の先読みをしないと」

「なら、俺らだけでも先回りしておくか、ここは警部さんたちに任せて、あとで総理が無事に戻ればそれでいいからな」

「そうしましょう」御影は火守の指示に従った。それが万全たる策であったからだ。

 御影たちは入ってきた扉から出ていった。警官隊たちのシールドが目隠しになり誰も出ていったとは気づいていなかった。

「もう逃げられないぞ、外にも警官隊が取り囲んでいる、ざまぁーみろ!」黒川の稚拙な脅しに黒服たちが屈するはずもない。

「やめろ」静かに諭すように伯田が戒めた。

 総理をその場に置いて全員がばらけて逃走をはかった。

 警官隊たちは誰を追うのか混乱していた。

「外に出ても射殺されるだけだぞ」伯田警部補は恐ろしいことを口にした。

「実際そんなことはできないけど、抵抗しなければ」政木警部は言った。

「なら、説得がいちばんでしょう。血をみるのは勘弁です」黒川は至極まともなことを言った。

「よし、全員確保、逃げた者を追いかけろ」政木警部の指示が飛んだ。

 総理に駆け寄るのは警官隊の数名だった。

「総理は無事です」警官の一人が警部に言った。

 ロープの捕縛から解放した。息切れをして体力が低下している安賀里総理だった。

 政木警部はそんな安賀里総理に近寄って状況を話てもらう。

「やっぱり、あなたは…」

 見つめあう両者はただならぬ関係を周囲にほのめかしていた。

「警部?」黒川はその異様な雰囲気を感じたが、どういうことだ。さすがに初対面のはず、と訝しがる。「ひそかな愛人とか?」

 伯田警部補は拒絶反応を示した。「んなわけあるか!」

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
-, , , ,


コメントを残す

おすすめ作品

44口径より、愛を込めて episode16

見習い探偵と呼ばないで! Season11-6

見習い探偵と呼ばないで! Season10-7

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗のデート】5 END

金にまみれる男 7