幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記21

   

 ウサ子の母親について、真剣に悩み始める霞であったが。。。

 SFラヴコメディー!

 

 俺は早速、篠山さんに電話をした。
 ウサ子が俺の服を寂しそうに引っ張ったが、俺は気持ちを抑えきれなかったので、電話を肩で挟みながらウサ子を抱き上げた。
 5コールほどで、篠山さんが出た。
『こんばんは。どうされました? あ、もしかして忘れ物でもしましたかね』
「いえ、すみません。あの、柏木警部の件なんですが。思い切ってお弁当の差し入れか、食事に誘ってみたんですよ。そしたら、食事にオッケーしてくれました」
『ええ、よかったじゃないですか!』
 篠山さんは、心底良い人だ。付き合いもたいして長くない俺のために、喜んでくれているのが受話器の向こうからも伝わってくる。
『で、いつなんですか? どこへ行かれるのです?』
 篠山さんは、デートと思っているのだろう。俺は少し罰が悪そうに答えた。
「えっと、うちで食事なんです。俺が手料理作って、ごちそうする予定なんですけど」
『そうなんですか。柏木警部も大胆ですね』
 篠山さんが笑う。
「そんなんじゃ、ないですって!」
『私は何も言ってませんけど』
「あ」
『ところで、桜木さんはお料理が得意なんでしょうか?』
「はい。割と家事は得意でして。特に料理と掃除は特に好きなんです」
『へえ。私はそれほど好きではないので、羨ましいです。確かに、桜木さんのお宅は綺麗ですよね。私の家なんてとてもじゃないけど、人を呼べませんから』
「え? そんなに汚いのですか?」
『いえ、最低限しかしてないってとこです。あと、食事はいつも外食ですし』
 篠山さんの見た目から想像出来るイメージからすると、なんだか意外だった。潔癖というか、綺麗好きそうな雰囲気があるし、自炊もそれなりにしてそうだった。
『どうされました?』
 思わず作ってしまった沈黙に、篠山さんが首を傾げた(ような感じがした)。
「あ、いや。意外だなって思って。なんとなく、篠山さんの見た目から……綺麗好きで、炊事もそれなりにこなしていそうな気がしたもので」
 篠山さんが、爆笑した。
『桜木さん、独り身の男ですよ。そんなワケないでしょ。ただ、綺麗好きってのは合ってるかもしれませんね。片づけたいガラクタが溢れてるんですが、これがなかなか片づかなくてですね。少々手こずっているのですよ』
「そうなんですか。あの、言ってくださればお手伝いいたしますので」
『ありがとうございます。その時は、是非お願いしますよ』
「あの、柏木警部にお会いする前にまた色々相談してもいいですか? メニューとか、用意した方がいいものとか。俺、そう言うの経験もなくて全然わかんないんで……」
 ふと、圭介の顔が思い浮かんだ。ダメだ、あいつは。違う方向に話が行ってしまいそうだから。
『そうですね。では、明後日にでもお邪魔しましょうか』
「ありがとうございます。ところで、先ほど篠山さん外食が多いって言ってましたでしょ。その日は、夕飯作りますんで、是非食べてってください」
『では、楽しみにしています』
 篠山さんとの電話を終えると、妙に心が落ち着いた。ウサ子に思わず頬ずりしてしまった。ウサ子は、きゃっきゃと笑っていた。
 で、ようやく時計を見上げるといつの間にか夜。というか、夕飯まだだった。ウサ子が寂しそうに俺の服を引っ張っていたのは、寂しいんじゃなくて腹が減っていたからだったんだろうと。篠山さんと少しお菓子を食べていたにしては、悪いことをしたとパパとして反省。
「ごめんな、ウサ子。すぐご飯にするからな」
 ウサ子は俺の腕から飛び降りると、大人しくテレビを観ていた。
 俺は冷蔵庫から鶏肉やら野菜やらを取り出し、なるべく手早く作れるもの……で、唐揚げを作り始めた。
 簡単に下拵えを済ましてから揚げ始めてふと気づく。
 ウサ子って、ロボットだったよな。
 つまり、食べなくても平気だったわ。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,