幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

ミステリー・サスペンス・ハードボイルド

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗の休日】4

   

 加戸巡査長が意見した。鑑識の結果がとどいたというのだ。

 マンションから引っ越した謎の人物の部屋は、指紋ひとつ採取できなかった。

 あまりにもきれいすぎるため、御影は違和感をぬぐえなかった。部屋を出るときのドアノブにもついていないのは不自然すぎるからだ。

 プロファイリングから人物像が今の御影に一致していたため、そして動かぬ証拠である指紋の合致から、沢所刑事らは御影が爆弾事件の犯人であると疑って見ている。

 不発に終わった騒動ではあるが、多くの一般人を恐怖に陥れた。これはゆるぎなき犯罪行為である。
 
 

 そして、御影は犯人の心理状態から何気なく口にした。

「ヒーローシンドローム」

 自分はすごい、自分が世界の中心だ、という思想家が犯人であると御影の推理からの結論だった。

 いまだ犯人はどこかに雲隠れしている。

 そして御影は、犯人像が浮かべばそれは捜索の糸口になるといった。

 

 加戸がわってはいった。「名前もそうですが、鑑識の結果がさきほどとどきました」

「鑑識の結果?」沢所は疑問をよぎらせた。

「これはそこの若い探偵が指摘したことですが、その消えた住人の部屋を鑑識のほうで調べてもらいました。きれいなもんでしたよ」

「なんだと?」沢所は加戸がもっていた資料をぶっきらぼうに奪い、目を通した。

 空き部屋の指紋採取を狙いで鑑識が調べた。しかし住人は引っ越しをするのを目的にしていたように、まるで新築同様に指紋はひとつもなかった。

 俺もどういうことか教えてもらった。しかめっ面をする沢所刑事だが、無関係が色濃くなっている今、探偵としての視点でみてもらおうと許容したようだ。

「おかしいな、これ…」

 刑事たちは顔を見合わせていた。

「なにがだ?」沢所は言った。

「おかしいことないだろ、指紋はないんだから」清田刑事はどうしても探偵ごときになにがわかる、というきつい視線をおくりつづけていた。

 俺は指摘した。「いくら引っ越しのために室内を掃除したからといっても、壁や浴室、トイレ、台所の蛇口、しかもドアノブにまで指紋がないのはおかしいでしょ。室内で指先が触れる箇所は無数だ。本人ですらこんなところ触ったかはおぼえていないところに指紋というのはのこっているものだ。それに部屋を出ていくとき最後、ドアノブに指紋がないのは不自然だ。引っ越しするというのに最後の最後にドアノブの指紋を拭き取るものか?」

「外と内側のドアノブの指紋がないと書いてある…」

 刑事は度肝をぬかれた。

「そこまでするのは異常なまでのきれい好きか…はたまた企みのある人物だからか」俺はあえてわからせるように言った。

 刑事は眼前の重要参考人が、白であるという事実をつきつけられているのを悟っていた。

「たしかにそうだ、まるですぐに部屋を鑑識が調べるのを見越しての室内清掃をおこなって出ていったと勘繰られてもしかたがない」清田がはじめて御影の推察に共感した。

 沢所刑事は関心するように目を見開き頷いていた。

「こちらの見解を話そう。本当は、こんかいのような騒ぎは自作自演をして世間の注目を浴びるためにしでかしたと思っている。警視庁の犯罪テロ対策課のプロファイリングから犯罪人物像を描いた。年齢は二十歳前後、無職でひきこもりがち。自尊心が強く、妄想癖があり、自分が世界の中心でこの世界を変えてやろうとしている。だからさいしょはきみにぴったりだと思ったのが第一印象だった」

「あ、あのなあ…」俺は卑屈になりそうだった。どんなイメージだ。そんなことはない。いまは休業でひきこもりのように読書をしているだけだ。こんな休暇はめったにないから」

「わかった、たしかにそうだった。我々は見ぬけていなかった。きみはまちがいなく正義の眼をもち、善悪の判断ができる人物だ。もうしわけない」

 軽く頭をさげた沢所刑事に俺は感銘をうけた。

「いえ、いいんです。わかってもらえれば」

「このままあなたを拘束しているのは危険だと警視庁の警部から連絡もあった。ひとつふたつの質問したら協力してもらうように命じられていた」清田刑事がいった。

「なら、こんなにも遠まわしに…」俺は疑念が湧いた。

「だからって、その人物はまだ二十歳前半、いくら警視庁のご達しでも信用しきっていいのかわからない。我々がしっかり判断をするつもりだった」

「それで出た答えは?」俺は微笑んでいた。結果はどうやら。

「ああ、イエス。犯罪者ではなく警察側の正義を振りかざす者として、きみの協力を望む」清田は手を静かに伸ばした。

「こちらこそ、清田刑事」俺は応えるように手を伸ばし、握手をした。

 

-ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
-, , , ,

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗の休日】 第1話第2話第3話第4話第5話

コメントを残す

おすすめ作品

怪盗プラチナ仮面 11

   2017/09/20

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗のデート】2

   2017/09/20

ロボット育児日記25

   2017/09/19

モモヨ文具店 開店中<33> ~日付スタンプを使っての琉華の覚え書き~

   2017/09/15

ロボット育児日記24

   2017/09/14