幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記22

   

 あいつから食事に誘われた。
 人畜無害そうな奴だし、やり合ったら勝てそうな気もするので、家に行ってやろうと思った。

 SFラヴコメディー!

 

 部下に知られたら、きっとからかわれるだろうな。いや、待てよ。驚かれるのが先かもしれない。
 異性とか恋愛とかに興味がなかった訳ではないけれど、特にこれと言って関わるきっかけがなかっただけ。
 ……きっかけなら作ろうと思えば作れたんだろうけど、なんでだろう。考えて、仕事の忙しさに甘えていたんだろうなと思った。
 思わず、溜め息がこぼれた。
 子供はあまり好きじゃない。だから、結婚なんてしなくて良いと思う。でも、恋人は欲しいと思うこともある。
 美人の容姿を与えてくれたのは、養父母だ。事故で記憶と共に身体を失い、脳味噌だけで生きていたときに引き取りたいと申し出てくれた養父母もまた、過去に事故で人間の身体と実の子を失ったのだという。
 事故で身体と家族を失った私に、気持ちがシンクロしたのだろう。
 養父母は裕福だったから、私に最高の身体を与えてくれた。
 幼少の頃から、私は最高ランクの身体を持っている。
 ただ、ロボットの身体なんて高級車を乗り回すこととなんら変わらないように思う。
 それでも、養父母には感謝している。最高の身体をもらって、損どころか得したことしかない。そしてなんの不自由もなく、育ててくれた。
 学生時代は、学校一のアイドルだった。いつもリーダー位置にいて、生徒会長もしていた。事故前、まだ人間だった時も、自分がリーダーシップを取るような前向きな性格だったかどうかまで覚えてはいない。
 けれど、養父母のお陰で私がそうなったのは事実だ。
 恵まれた人生だったから、以前の自分がどうだったかなんて考えることなどなかった。
 亡くなった両親のことを考えることはあったけど、記憶ではそれすら夢のような感覚で。悲しみたくても悲しめない自分に、胸が痛くなるばかりなので考えないようにしていた。
 今までそうやって生きてきたのに……。
 そう滅多に会うこともない人間と出会った。あいつ、桜木霞だ。女みたいな名前の、なよなよした優男。
 災難な人間の被害者の男。でいてくれればよかったのに、あいつの顔が事故前のうっすら浮かぶ記憶の中の男の子の顔によく似ていたから気になった。
 記憶の中の男の子が私とどこまでの関係があったかなんてわからないし、あいつと男の子が関係しているかどうかなんてもちろんわからない。けれど、似ていたから気になってしかたない。自分の過去も気になり始めた。
 もちろん仕事は忙しいのだけれど、それでもまだ時間は確保できる。その時間を、自分を捜す時間に使うことにした。
 私がわかる限りの事故を調べた。自分の名前であろう候補はいくつか出てきた。何故なら、脳味噌しかなかったので、身元確認が出来なかったのだ。その時、旅客機に搭乗していた子供の女の子の中の誰かだと思う。
 その子供のことを全て調べた。身元が確認出来なかったので、全員行方不明扱いになっていた。事故被害状況を確認すると、乗客は全てばらばらの黒こげになってしまったようで身元の確認がほぼ取れなかったようだ。私はというと、身体がばらばらになった際、脳味噌が吹き飛び瓦礫の隙間に入り込んで助かったようなのだけれど、詳しい状況まではわからなかった。
 それだけでも、悲惨な事故だったことがわかる。
 で、その行方不明の女の子達をそれぞれ調べてみたけれど、私自身はいたのだろうけど、その中で記憶に引っかかるものはなかった。
 絶望したというより、虚無に近い。ぽっかりと空いた記憶が、急に怖いと思えた。
 そんな時、あいつから食事に誘われた。
 人畜無害そうな奴だし、やり合ったら勝てそうな気もするので、家に行ってやろうと思った。気分転換というか、記憶の中の一つにすがりたかったのかもしれない。
 結局のところはよくわからないけれど、電話を切った後、少しだけほっとしたのは嘘じゃない。
 それにしても、桜木霞とはおもしろい男だと思う。私の容姿のせいで格好付けるような男は多かったけど、こいつはそんな感じではない。どちらかというと、情けない方だ。普通の女性なら、愛想尽かすだろう。そんなところが、新鮮に思えた。私も随分な物好きだろうか。
 

*****

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品

怪盗プラチナ仮面 11

   2017/09/20

見習い探偵と呼ばないで!【番外編・御影解宗のデート】2

   2017/09/20

ロボット育児日記25

   2017/09/19

モモヨ文具店 開店中<33> ~日付スタンプを使っての琉華の覚え書き~

   2017/09/15

ロボット育児日記24

   2017/09/14