幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記23

   

「たまには手料理でも食べてってください。ずっとロボット相手にしか作ってないんで、なんだかんだ言っても物足りなくて、俺としても人間の方に食べて貰えるのが嬉しいんですよ」
 篠山に心を開く霞ではあるが。。。

 SFラヴコメディー!

 

 篠山さんが、家に訪ねてきてくれたのは、昼過ぎだった。
 ウサ子との昼食を終えて、ひと段落すると、ウサ子がうとうととし始めた。
 篠山さんにコーヒーをお出しして、少しの間待っていてもらった。篠山さんはにっこりと快諾してくれたので、俺はウサ子を寝かしつけた。お昼寝してくれていれば、篠山さんとゆっくり話も出来るので丁度良い。
 すやすや寝たところを確認して、俺は篠山さんの元に戻った。
「すみません。こんな時間にうとうとするのも珍しいんですけどね。いつもなら、もうちょっと後だから。でも、寝てくれていたらゆっくり話が出来るんで、丁度良かったです」
「そうですか。ベストタイミングだったんですね。あ、そうそう」
 言うと、篠山さんは自分の鞄の中から小さなウサギのぬいぐるみを取り出した。
「これね、たまたま見つけたんですがウサ子ちゃんに。可愛くて、ウサ子ちゃんの髪飾りを思い出してしまってつい。独り身で子供もいませんから、楽しかったんですよ」
 俺は、頭を何度も下げながら受け取った。
「なんか、すみません。相談まで聞いてもらって、お土産まで」
「いえ。私も予定より早く来てしまってすみません。これを買ってから、ウサ子ちゃんに早く渡したくて。と言っても、寝ちゃってますけど」
「起きたら渡しておきます。喜びますよ。絶対に」
 篠山さんの気持ちは良くわかる。俺もそうだ。そのせいか、ウサ子のオモチャはあっと言う間に増えてしまって、今ではオモチャ箱が3つもある。
「また、オモチャ増えました?」
「俺も、つい。なんか、楽しいですよね」
 俺はせっかくなので、ウサギのぬいぐるみをウサ子の布団にそっと入れた。
「で、柏木警部には何をご馳走するつもりなんですか?」
「そうなんですよ。俺、いまいち女性ウケする食べ物とかわからなくて、何がいいですかね? 本人に聞くのも聞きづらくって。聞いてもきっと、気にしなくていいとか、なんでもいいとかいいそうだし」
「そうですか。桜木さんは、柏木さんとの食事は初めてなんですよね?」
「いえ、それがちょっとした機会があって初めてではないんですよ」
「へえ、驚きました。私が思っていたより、親しいのではないですか?」
 俺は首を全力で左右に振った。
「そんなんじゃないんですよ、ホント。最初は、初めて会った時が事情聴取だったんですが、その時でして。で、その後が空き巣に入られて警察に捜査してもらってるときでした。タイミング的に、食事でもって」
 篠山さんが、首を傾げた。
「私が思うのにロボットである柏木警部が、親しくもない、もしくは興味もない男性と食事なんかしますかね」
「食事のタイミングで、俺が人間だから気を使っててくれて。で、人が食べてるの見てると自分も食べたくなるからって言ってましたから」
「そうですか」
 と言いつつも、篠山さんは納得してない感じだった。
「桜木さん、その時柏木警部は何食べてました? 何が好きとか嫌いとか聞いてませんでした? あと、食事に対してどう思ってるのかとか」
 俺は、篠山さんに正直に話した。
「最初の時は事情聴取でしたし、テーブルで簡単に食べられる出前と言うことで、カツカレーでしたね。その後は、柏木警部が行き着けだという定食屋のラーメン定食。思えば、割とがっつりしたものが多かったかも。あと、食事をするのは人間の特権だから、人間らしさって意味で庶民的なものを食べるんだと言ってました」
「そうなんですね。でしたら、庶民的でがっつりしたものの方がいいでしょうね。トンカツ、ハンバーグ、グラタン、シチュー、カレー……ですかねえ。今、ぱっと思い浮かぶものですけど」
「篠山さんなら、今何が食べたいですか?」
「私ですか?」
 俺は頷いた。篠山さんへのお礼もあるから。
「そうですねえ。私は、がっつりしたものより普通の和食が好きなので、今の気分でしたら肉じゃがですかね」
「じゃあ、肉じゃが作りましょう。今晩ですけど。肉じゃがの材料ならありますし」
「あ」
 篠山さんは、きつねに摘まれたような顔をした。
「約束ですよ。俺ので申し訳ないんですけど、たまには手料理でも食べてってください。ずっとロボット相手にしか作ってないんで、なんだかんだ言っても物足りなくて、俺としても人間の方に食べて貰えるのが嬉しいんですよ」
 篠山さんは笑った。
「そうですか。では、いただきます」
「じゃあ、今晩は決定ってことで。にしても、女性のがっつりって難しいですよねえ」
 2人して暫く考え込んだ。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,