幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記24

   

 柏木警部とのディナーをワクワクしながら用意する。

 SFラヴコメディー!

 

 篠山さんは、俺の料理を大げさなくらいベタ誉めしてくれた。
 俺も嬉かったので、また是非食べに来て貰いたくて、お誘いしてもいいか訪ねると、篠山さんはもちろんと快諾してくれた。
 ロボットの圭介も俺の料理を誉めてはくれるものの、俺の偏見なのだけれど、ロボットと言うだけでやっぱりどこか味気なく感じてしまうのだ。
 人間の食事友達ができたことは、俺としても大きな喜びである。
 この日、圭介は仕事で来れなかったのだけれど、篠山さんがついでにと俺の時間を作るために少しだけウサ子の面倒を見てくれたから助かった。
 まだ知り合って間もないと言うのに、心底良い人過ぎる。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品