幻創文芸文庫 (β)

小説好きの創作小説を無料配信*スマホ対応

SF・ファンタジー・ホラー

ロボット育児日記25

   

 彼女が帰った部屋は、寂しさがこみ上げた。次はいつあるかわからない。また、食事を作ってお話したいな。今度は、何作ろうかなあ。

 柏木警部への気持ちが、気になり始める。

 SFラヴコメディー!

 

 俺は冷えたビールを、柏木警部に渡した。
「柏木警部も、お酒お好きなんですか?」
「まあね。酔わないけど、好きは好きかな」
「俺の友達も酒好きなんですが、やっぱりロボットなんで酔わなくて。ロボットの酒好きって、どこで通じるんですかね」
 俺はふとした疑問を口にした。柏木警部は少し考えてから答えた。
「アルコール摂取すると、少しだけ冷却機能が鈍って体温が上がるのよ。そうすると、なんだかぽうっと気持ちよくなるのよね。まあ、人間の酔うって感覚と同じなのかな。って、酔ってないってのは嘘になるわよね。ただ、どれだけ飲んでも泥酔したり、二日酔いってやつになったりしないけどね」
「そうなんですか、俺ちょっと飲み過ぎるとすぐ二日酔いになるんで……羨ましいです」
「そう。不便ね。あ、あんたも飲んだら」
 柏木警部は、いただくわねと一言。ビール缶のプルタブを上げた。ぷしゅうっと音が鳴る。
「じゃあ、俺も頂こうかな。ウサ子が来てから、なんだかんだであんまり飲んでないんですよね」
 俺も自分用のビールを冷蔵庫から取り出して机に置くと、テレビに夢中のウサ子にエプロンを掛けた。
「ウサ子、すぐ汚すんで。食べさす用意しますから、柏木警部先に食べちゃってください」
「あんたも、ちゃんとパパやってるのね。じゃあ、頂くわ」
 俺はいつもの事なのだけれど、ウサ子にある程度ご飯を食べさせてからしか食べれない。一緒に食べたいけれど、それは諦めている。
「あら、すっごく美味しいじゃない。私ね、こう見えても結構食べるのよ。ロボットって、いくら食べても太らないのが便利よね。そこは、ありがたく思うわ」
「いいですね。じゃんじゃん食べちゃってください。なんなら、おかわりも」
「ありがと」
 ウサ子にご飯を食べさせながら、柏木警部が食べるのを見ていた。初めてではないのだけど、このシチュエーションは初めてで、改めて見るとドキドキする。やっぱり、俺、柏木警部の事が好きなのかな。
 彼女は上品に食べるのだけれど、その口にどんどん食べ物は消えていく。
 やっと俺が食べる頃に、柏木警部は食べ終わっていた。
「ああ、美味しかった。予想以上で大満足よ。ありがとうね」
「おかわりは?」
「いい。お腹いっぱい。あ、ビールだけ貰おうかな。あれば」
「デザートにしますか?」
「あんた、今からでしょ? 食べ終わってからでいいわよ」
「わかりました。さっさと食べちゃいますね」
 俺は、柏木警部にビールも渡した。
「いい、ゆっくり食べな」
 けれど、ウサ子はゆっくり食べさせてくれない訳で。ウサ子を抱きながら、俺はご飯をかきこんだ。いつもの事だ。
 食べ終わって、冷蔵庫から手作りのプリンアラモードを出した。
「デザートどうぞ」
「わお、すごいわね。こんなにがんばらなくてもよかったのに、大丈夫?」
「はい、なんか楽しくて。こんなんになっちゃいました」
 ロボットといえど、柏木警部も女性なんだな。別腹というか……。正直食べれるかなと思えるほどの量だったトルコライスを平らげ、更にプリンアラモードを食べるのだから。
 食べ終わった柏木警部は満足で幸せそう。俺まで幸せな気分になる。
「あー、本当に美味しかった。ありがとうね」
「いえ、俺こそいっつもお世話になってるお礼ですし。食べて頂いてありがとうございます」
「あのさあ、あんたいっつも私に対して恐縮し過ぎじゃない? 何度も会ってるんだし、そろそろもう少し慣れてくれてもいいと思うんだけどなあ」
 それは、どういう意味と捉えたらいいんだろうか。
「あ、いや、でも……そんな、たいそうな……」
「なんで? 美人だから? やり手の警部だから?」
「あ、はい」
 俺は、目を逸らすしかできなかった。柏木警部は酔ってるのだろうか。いや、ロボットだから人間みたいには酔わない筈なんだけど。
「ねえ、もう少し慣れてよ」
 失礼かと思って距離をとっていたことが、逆に失礼だったんだろうか。

 

-SF・ファンタジー・ホラー
-, ,


コメントを残す

おすすめ作品